SAPジャパン、新機能を選択し、容易に適用可能な最新型ビジネス・スイートを発表、今日の経済環境への迅速な対応を支援

2009年2月24 日 by SAP News 0

~アップグレード負担を抑制しつつ、ビジネスのダイナミックな変化に対応し、
 高水準の洞察力、効率性、柔軟性をもたらす「SAP® Business Suite 7」~

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:ギャレット・イルグ、本社:東京都千代田区)は、本日、パフォーマンスの最適化とITコストの削減で企業を支援するビジネス・スイート、「SAP® Business Suite 7(エスエイピー・ビジネス・スイート セブン)」を発表しました。現在の経済環境の下、あらゆる企業はIT環境の保持コストを抑制しつつ、自社のビジネスを短期間で迅速に回復させなければいけないという課題に直面しています。こうしたニーズへの認識に基づき、「SAP Business Suite」の最新版は、enhancement package(エンハンスメントパッケージ)*1 によってお客様にとって価値ある新機能を容易に選択適用することを可能とし、同時にITコストも削減します。さらに「SAP® BusinessObjects™」ポートフォリオの持つ分析機能によって洞察力を深め、業界別のベストプラクティスとサービス指向アーキテクチャ(SOA)の導入によって、卓越したビジネスプロセスを実現できるようにも設計されています。当製品の限定出荷は昨年の11月より開始されており、一般出荷は5月を予定しています。

enhancement packageにより、リスクを抑えたITアプローチを採用することで、企業は低迷する経済においても競争力を維持できるだけでなく、回復期にはいち早くビジネスを成長させる準備を整えておくことができます。

業界別に特化した「バリューシナリオ」を通じ、卓越したプロセスを実現

お客様やパートナーとの緊密な協力によって開発されたSAP Business Suiteの最新版では、組織やアプリケーションの境界を越え、業界特有の包括的なビジネスプロセスが実現されており、これをSAPでは「バリューシナリオ」と名付けました。バリューシナリオは、お客様の必要性に応じて選択し、段階的に実装していくことが可能です。

例えば、小売業者にとっては、お客様との関わりが極めて重要です。「刺激的なショッピング体験」というバリューシナリオによって、小売業者のCEOと取扱商品の担当マネージャーは、買い物客をより深く理解し、彼らのニーズを予測し、顧客体験を創造しつつ、販売時点管理(POS)業務、ロイヤルティ管理、人材管理、製品の分類・価格設定をより効果的に行うことができます。

これ以外にも、組み立て製造業界を対象とした「統合された製品開発」、ハイテク企業や消費財企業向けの「コラボレーティブな需給計画」、あらゆる業界を対象とした「統合されたソーシングと調達」が、業界別のバリューシナリオの例として挙げられます。

不況下でコストとリスクの削減を支援

お客様による総所有コスト(TCO)の削減を支援するため、SAP Business Suiteの最新版では、スイート全体(「SAP® ERP」、「SAP® Customer Relationship Management」、「SAP® Supplier Relationship Management」、「SAP® Supply Chain Management」、「SAP® Product Lifecycle Management」と業界別アプリケーション)に対して150種類以上もの機能拡張がenhancement packageを通じて、統一されたリリースサイクルで提供されます。お客様はenhancement packageを使用することで、自社のソリューションをアップグレードすることなく、必要とする機能のみを選択・導入できるため、従来型の長期間にわたる実装やアップグレード作業、分断したポイントソリューションは不要となります。SAP enhancement packages for SAP ERP の第一~第三弾が、1000社以上の本稼動顧客と1800件のダウンロード数を誇ることからも、この画期的なリリースモデルのメリットはすでに実証されています。
このほか、SAP Business Suiteのお客様は、SAP Business Suiteの各種アプリケーションを通じてほぼ共通の統一感あるユーザインタフェースを活用し、ユーザの使い勝手を一貫したものにすることでトレーニングにかかる労力とコストを抑え、TCOを削減することが可能です。

洞察力と柔軟性により、ビジネス機会をいち早く特定

現在の経済環境の下で、新たなビジネス機会を特定し、変化する市況へ迅速に対応し、競合との差別化を推し進めるにあたっては、洞察力と柔軟性が必要不可欠です。SAP Business Suiteの最新版は、SAP BusinessObjectsポートフォリオの分析機能が業務に組み込まれているため、高水準の洞察力が実現されることになります。お客様は業務実行状況をリアルタイムに把握し、適切な意思決定を通じて、ビジネスをよりよい方向に変化させていくことが可能です。さらにSAP Business Suiteの最新版はSOAに完全対応しており、あらゆる業界向けに2800種類以上のエンタープライズ・サービスを提供することで、お客様の柔軟性を高めます。ビジネスプロセスのモデリングから設計、実装、実行が可能な「SAP NetWeaver® Business Process Management」によって、お客様はプロセスの整合性を犠牲にすることなく、独自のビジネスプラクティスを構築し、競合他社との差別化を図ることができます。

以上


*1 enhancement packageについて
SAP Business Suiteの機能を拡張するための拡張パッケージ。従来であれば大規模なアップグレードが必要であった新しいソフトウェア機能の導入を、本番稼働中システムへの中断を最小限に抑えながら容易に行えるのが大きな特長です。


SAP® Business Suiteについて
SAP® Business Suiteソフトウェアによって、企業は自社のビジネスとIT戦略を実行し、最適化を図ることができます。SAP Business Suiteを使用する企業は、他のSAPおよび非SAPソフトウェアとの連携を念頭に設計されたモジュール型ソフトウェアによって、必要不可欠な業界特有のプロセスと業務支援プロセスを、類を見ない形で実行できます。あらゆる業界の企業と部門は、SAP Business Suiteソフトウェアを段階的に導入することで、自社のスケジュールに即した形で、コストのかかるアップグレードを行わずに特定のビジネス課題に対応できます。SAP Business Suiteは、企業全体で洞察力と可視性を高め、業務の効率化と有効化を実現し、柔軟性を高めることでビジネスの変化に対応します。

Tags: , , , , , ,