日立がSAPの環境ソリューション「SAP® Environment, Health & Safety」を基盤として住友化学の化学品総合管理システム「SuCCESS」を構築

2009年4月17 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役会長 兼 執行役社長:川村 隆、以下 日立)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下 SAPジャパン)は、住友化学株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:廣瀨 博、以下 住友化学)の化学品の安全管理に関する情報を統合・管理する社内データベース、化学品総合管理システム「SuCCESS」(Sumitomo Chemical Comprehensive Environmental, Health & Safety Management System)を日立が構築するにあたり、SAPの環境ソリューション「SAP® Environment, Health & Safety(以下、SAP EH&S)」(注1)を基盤として活用したことを発表します。
このSAP EH&Sは、グローバルにビジネスを展開する欧米の多くの大手化学メーカーで導入されているデファクトスタンダードとも言うべきデータベースシステムであり、国際対応も視野に入れた本システムの本格導入は、日本の化学メーカーとして初めてのことです。なお、「SuCCESS」は、このたび、本格運用を開始しました。

適正な化学品管理の重要性が世界的に高まる中、年々強化される化学品規制への適切な対応や、リスク評価に基づく安全性確保のための取組みを推進するために、化学品の安全性情報を収集し管理することがきわめて重要になってきています。
住友化学は社内に専門の安全性研究組織を有し、先端技術を駆使しながら、化学品の開発、製造、販売、使用、廃棄といったライフサイクルの各段階を想定したリスク評価・管理を行うとともに、独自に情報管理システムを構築し運用してきましたが、今回、情報管理システムを刷新し、化学品総合管理システム「SuCCESS」を構築しました。本システムにより、長年にわたり蓄積してきたこれらデータも活かしながら、住友化学が取り扱う全ての化学品についての安全性や適用法規、MSDSなどに関する情報を「SuCCESS」で一元管理することで、全ての社員がイントラネットを通じて必要な情報を閲覧しリスク管理に活用することができる体制が整いました。その構築にあたっては、SAPジャパンが提供するSAP EH&Sを基盤としたほか、米3E Company(本社:米国カリフォルニア州、社長:ロバート・S・クリスティー)に、環境などに関する国際法規関連情報の提供に関して、アウトソースをしました。
住友化学は、引き続き「SuCCESS」を有効に活用し、SAICM/GPSが目指す2020年目標(注2)に向けた適切な化学品管理の推進に、全社を挙げて取り組む予定です。

今回、日立は、これまで培った環境・安全に関する業務ノウハウや化学業界におけるさまざまなシステム構築の経験、そして豊富なSAP ERPのシステム構築のノウハウなどにより本システムを構築しました。
SAP EH&Sは、企業における環境、安全、衛生プロセスにおけるコンプライアンス対応を確立するとともに、対応業務の効率化を同時に実現します。今回導入された製品安全(Product Safety)は、SAP EH&Sの主要機能の一つであり、REACHなどに代表される法規制で求められる化学物質の安全性管理及び在庫管理、化学物質の安全な輸送と管理、トレース、MSDSの生成と管理、リスク評価などを容易に実現することができます。

今後も日立は、SAPと協力し、企業の環境・安全活動全般に関わるコンサルテーションからシステム構築などのさまざまなソリューションを提供していきます。

■日立のSAPソリューションのページ

http://www.hitachi.co.jp/sap/

以上


(注1)
SAP EH&Sは、現在ではブランド名が変わりSAP EHS Managementに変更されています。


(注2)SAICM/GPSが目指す2020年目標
2002年に開催された「持続可能な開発に関する世界首脳会議(The World Summit on Sustainable Development:WSSD)にて提唱された、「2020年までに化学物質の製造・使用が人の健康や環境にもたらす著しい悪影響を最小化することを目指す」という化学物質管理における国際的な目標です。その実現に向けて、国連環境計画を推進母体とする「国際的な化学物質管理に関する戦略的アプローチ(SAICM)」や、SAICMと方向性を共有しつつ実施する化学産業界の自主的な対応として提唱された「Global Product(Stewardship)Strategy(GPS)」といった取組みが進められています。

Tags: ,