【参考資料】SAP、大手業界アナリスト企業により、ビジネス・インテリジェンスの売上No.1ベンダーと評価される

2009年6月29 日 by SAP News 0

SAPの市場シェアは第2位ベンダーの倍近く、シェアの獲得も最大

(本リリースは、6月16日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE: SAP、以下SAP)は、IT専門調査会社のIDCにより、ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールのNo.1ベンダーと評価されたことを発表しました。SAPは、SAP® BusinessObjects™ BIソリューションを含むBIツールを提供しており、20.4%の市場シェアを獲得しています。IDCの市場分析レポート「Worldwide Business Intelligence Tools 2008 Vendor Shares」(IDC # 218598)によると、SAPは、SAP BusinessObjects BIソリューションを含めて、市場シェアおよびシェアの獲得の両方で他のベンターをリードしています。SAPの市場シェアは第2位の競合ベンダーの約2倍で、2008年を通じたSAP全体の成長率は17.8%であり、市場全体の成長率の約2倍となりました。また、BIは依然として世界の企業各社から極めて高い優先順位で投資対象とされていることも報告されています。

IDCのビジネス・アナリティクス・リサーチ部門のバイス・プレジデント、ダン・ベセット(Dan Vesset)氏は、次のように述べています。「2008年は、SAPとBusiness ObjectsのBIツールの売上が合算された初の年となりました。今回の調査で示されたSAPの成長率は、買収企業の売上を遡って合算するIDCの手法に基づくものです。2008年に営業部隊が大幅に拡大し、彼らを通じてSAPのアプリケーションを導入した顧客にBIツールを販売することができたことで、SAP BusinessObjectsポートフォリオにとってメリットとなりました。より多くのユーザーに対し、クエリー、レポーティング、および分析技術の活用を促すことで、企業におけるBIの普及に向けた大きな機会が存在すると、IDCでは分析しています。SAPは、買収によるBI製品群の拡大により、BI技術を購入する企業の将来のニーズを十分に満たす体制が整っていると言えます。」

SAPは今年、革命的なBIソフトウェア、SAP® BusinessObjects Explorer™を発表しました。この最新ソリューションは、SAP BusinessObjectsポートフォリオの検索機能やデータナビゲーション機能とSAP NetWeaver® Business Warehouse Acceleratorソフトウェアを組み合わせることによって、いかなるユーザーでも、大量のビジネスデータを迅速かつ簡単に検索できるようになりました。このほかSAPでは、インテリジェンスプラットフォームであるSAP® BusinessObjects™ XIに大幅なアップデートを行っています。

SAP BusinessObjects BIソリューションについての詳細は、SAP BusinessObjectsポートフォリオをご覧ください。

以上

Tags: , ,