SAPジャパンとNTTデータ、企業の会計システムとバンキングネットワークサービスの接続ソリューションを構築開始

2009年9月17 日 by SAP News 0

~SAP® ERPとNTTデータ「ANSER®」の相互接続が実現へ~

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)と、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長:山下 徹、以下 NTTデータ)は、SAPの統合基幹業務ソフトウェアであるSAP® ERPと、NTTデータが提供するバンキングネットワークサービス「ANSER®(アンサー)」の相互接続を年内に実現し導入サービスを提供していくことで合意しました。
これにより、SAPのユーザー企業は自社内のSAPのERPシステムと「ANSER」 (注1) に接続された全国の金融機関との間で、直接かつ高速の専用回線を使用した銀行取引データの連携が実現され、複数行から同時かつリアルタイムでバンキングサービス (注2) を受けることが可能となります。

これまでは、企業が自社のニーズに合わせ大きな費用と期間をかけて個別に開発したケースを除き、国内の金融機関から提供され企業内において活用されているバンキングサービスと会計システムは直接接続されていないケースがほとんどでした。このため手作業による事務処理が依然として多く存在し、特に大手企業においては取引銀行数や口座数が多く、取引件数も膨大なため、事務の非効率性や処理遅延、さらには運用面でのミスや不正の抑止等が非常に大きな課題となってきています。一方で、既に企業内において浸透したERPシステムは、内部統制やIFRSへの対応など担うべき役割が日に日に拡大しており、グローバルレベルでの新たな資金管理手法や、インターネットを活用した取引とそれに伴う決済手法の多様化など、対応すべき戦略的テーマも同様に日々増大の一途をたどっています。

こうした現状を踏まえ、バンキングサービスと会計システムを直接接続するより強固な基盤へのニーズに応えるために、SAPジャパンがSAP ERPを「ANSER」に直接接続する機能を、サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースの統合プラットフォームSAP NetWeaver® (注3) 上に開発し、NTTデータが接続の技術協力等を行い、両社で提供を開始することで合意しました。

具体的には、会計システムと「ANSER」とのインターフェース部分として、NTTデータの「eBAgent®」 (注4) と接続する機能をビジネスプロセス統合管理ツールであるSAP NetWeaver Process Integrationで構築し、入出金明細の取得や口座の残高照会等を活用する基本的な業務ワークフローを含めてテンプレートとして用意します。本テンプレートをベースにすることにより、SAPパートナーが短期間でシステムを導入することができるようになります。なお、SAPジャパンは本接続サービスの専任コンサルティングチームを編成し、NTTデータと共に、SAPのユーザー企業やパートナーに対する導入支援サービスを展開する予定です。

これにより、SAPのユーザー企業は現在利用しているSAP ERPシステムへ直接、複数行に対する日々の口座の残高、入出金明細、振込・振替の結果などの情報を自動的に取り込むことができるようになります。この結果、会計帳簿との残高突合や売掛金・買掛金などの消し込み処理の自動化を実現し、会計処理のより一層の効率化を実現すると共に、ミスや不正の防止にも有効となります。このように銀行システムに関する豊富なノウハウを持つNTTデータと、ERPトップベンダーのSAPジャパンが協業することにより、早期に高品質なシステムの構築が可能となります。

両社は、年内に開発、検証を完了する予定であり、SAPのユーザー企業へのご提案活動を開始していきます。

以上
(注1) ANSER
「ANSER」(Automatic answer Network System for Electrical Request)は、株式会社NTTデータの提供する、入金通知等の顧客への連絡業務、顧客からの残高照会等に対応する応答業務、顧客自身の保有する口座からの振込・振替業務等といった金融業務を自動化したサービスです。
(注2) バンキングサービス
エレクトロニックバンキングサービス、ファームバンキングサービスとも呼ばれる。コンピュータと通信回線を使って、企業や家庭から利用できる銀行などの金融機関提供サービスです。「ANSER」でも提供している預金の残高照会、入出金照会、振込・振替などに加え、総合振込や給与振込、個人住民税納付、外国為替送金などの機能が利用できます。利用する企業にとっては、支店に出向かずにサービスを利用でき、かつ、手数料が窓口よりも安くなるケースが一般的であるため、多くの企業にメリットがあり、爆発的に利用が広がりました。
(注3) SAP NetWeaver
SAP NetWeaverは、既存のITインフラストラクチャと連携してシステムの変更をサポートできる包括的な統合アプリケーションプラットフォームです。SAP NetWeaverにより、新しいビジネス戦略やビジネスプロセスを柔軟かつ迅速に設計、構築、導入、実行できます。既存システムを再構成すると同時に持続可能なコスト構造を維持することによって、組織全体の革新を可能にします。
http://www.sap.com/japan/platform/netweaver/index.epx
(注4) eBAgent
株式会社NTTデータの提供するeBAgent(イービー・エージェント)とは、企業の財務会計システム(CMS・ERP等)と高速専用回線によるLAN間接続により直接データ連携を行うことで、振込や入出金の確認(ANSER)業務・データ伝送業務(全銀ファイル伝送)・資金集中配分といった各種サービスをワンストップで高速・自動実行によりご利用頂ける環境を提供するサービスです。

Tags: , ,