1,200社以上の実績を持つSOA対応のSAP® ビジネスプロセス・プラットフォーム

2009年11月20 日 by SAP News 0

(本リリースは、10月13日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP® Business Suiteソフトウェアのコアコンポーネントであるサービス指向アーキテャ(SOA)対応のERPを核としたビジネスプロセス・プラットフォームの導入事例を1,200社以上有するSAP AG(NYSE: SAP、以下SAP)は、近年、バズワード(流行語)と囁かれている「SOA」が、ビジネスプロセス・プラットフォーム(3,000以上の業務部品、あらゆるプロセスを支えるプラットフォームなど)として提供されることにより、お客様にとっての真のビジネスバリューをもたらすものである事を証明し続けています。世界で最も革新的な企業の一つである、マドリードのエンプレッサ市営交通局(Empresa Municipal de Transportes、以下EMT)は、ビジネスプロセスの透明性確保や変化を追随する仕組みにより企業内に業務改善ニーズを見出すと同時に、一見相反するビジネスプロセスの柔軟性と統合性を同じプロットフォーム上で強化し続けています。

クライアント・サーバー型アーキテクチャに代わるSOA対応ビジネスプロセス・プラットフォームの登場により、SOAは急速に、ビジネスのサービス提供におけるITをさらにモジュール化する市場の標準として確立されつつあります。同時に、SOAはマルチベンダーのサービスをオンサイトだけでなく、オンデマンドで利用する、クラウド環境でのIT運用の道を開きます。企業は、SAP® Business SuiteのSOA対応機能を活用してビジネスプロセスの調整を支援するSAPソフトウェアを選択しています。

SAPのお客様であるマドリードの大手公共バス会社のEMTは、SAPのSOAのアプローチが保守および倉庫管理の最適化と自動化に利用できることを実証しています。マドリードのバス利用者へのサービスの質をさらに向上させるため、EMTはプロセス最適化によるバス運行時間の延長を目指していました。全体として、EMTは毎日の運行ルートを走るバスを10%増やし、修理サイクルを80%も削減し、修理工場での効率を30%改善することに成功しました。その結果、EMTはマドリード市民のカスタマーサービスの質を大幅に向上させました。

EMTの経済財政監督部門(Direction Economic and Financial)の情報システム部責任者のマリオ・ゴンザレス・フェルナンデス(Mario González Fernández)氏は、次のように述べています。「SOAの採用により、ペーパーレス化、分散された重要なビジネスプロセスの自動化、オペレーションとシステムの最適化を実現できました。さらに、効率改善を期待できます。」

お客様は、オープンプロトコルのインターフェイスを備えているため、どんなビジネスコンテンツでもSAPのSOA対応アプリケーションを増強できます。さらに、お客様はさまざまな業務内容が反映されたビジネスコンテンツを利用および再利用でき、ビジネスプロセスをより短期間に刷新できるようになります。現在、SAP Business Suiteを使用しているお客様は、2,800を超える企業サービスを手軽に利用できます。これらのサービスから、一貫し、安定したビジネスプロセスを作成することができるため、ITの異機種混合環境および同機環境の両方で「独自のプラクティス」を導入する際のプロジェクトコストを削減できます。

競合他社の先を行く- SOAで柔軟性と統合性が向上

377社に上るSAPのお客様のSOA関連のプロジェクトを分析したところ、主に次の4つのSOA活用事例が顕在していることが分かりました。53%が主にプロセス刷新のためにSOAを採用し、29%はユーザビリティに焦点を当てています。また、14%はビジネスネットワークの強化、4%は技術の実装を目的としています。

SAP AGのSOA導入プログラム、グローバル責任者のカーステン・リンツ(Dr. Carsten Linz)は、次のように述べています。「この分析結果から、SAPのお客様が(1)柔軟性がありモジュール化が可能であること、(2)容易に活用できること、(3)より高レベルなビジネスの俊敏性とサステイナビリティなどの明確な成果が得られること、の3点をITソリューションに求めていることがわかります。また、SAPのお客様は、このITソリューションによる総所有コスト(TCO)と投資の削減も期待しています。SAPの目標は、プロセスの専門技術を基に、保証されたサービスレベルを一律にお客様に提供するため、お客様が各職務、組織、およびパートナー間のビジネスプロセスを最適な方法で調整できるようにすることです。これは、お客様のプロセス調整役に選ばれる好機で、SAPの重要な差別化ポイントでもあります。」

以上

Tags: ,