株式会社ユナイテッドアローズ、セレクトショップで初めてSAP® BusinessObjects™ XI 3.1を導入、本格稼働開始

2009年12月15 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、ファッションブランドを扱うセレクトショップを運営する株式会社ユナイテッドアローズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:重松 理、以下ユナイテッドアローズ社)が、SAP が提供するBI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォーム・ソリューションであるSAP® BusinessObjects™ XI 3.1(エスエイピー ビジネスオブジェクツ エックスアイ 3.1)を導入し、本格稼働を開始したことを発表します。

SAP BusinessObjects XI 3.1は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)に対応した柔軟で拡張性のあるBIプラットフォーム・ソリューションで、レポーティング、クエリー/分析、ダッシュボード、予測分析、データ統合といった機能を網羅しています。ビジネスにおける最適な意思決定に欠かせない洞察力と、それを共有する手段を提供する同ソリューションが日本のセレクトショップに導入されたのは、今回が初めてです。

ユナイテッドアローズ社では、SAP BusinessObjects XI 3.1の導入前もBIソリューションを使用していましたが、今後のユーザー拡大を視野に入れ、より迅速で柔軟な対応ができ、さらに現場でも利用しやすい、新しいBIソリューションへの移行を必要としていました。
これらの要件を満たし、将来の情報系基盤となりうるソリューションとして、世界でも豊富な導入実績があり、高いシェアを誇るSAP BusinessObjectsソリューションの導入を決めました。「見える化」からデータ統合まで、今回のプロジェクトで必要な様々なソリューションが統合されて提供されるといった点も評価されました。

セレクトショップでは、複数のメーカーが提供する多品種を少量で扱うという特徴があるため、仕入先のシェアや調達ルート分析等が複雑になります。ユナイテッドアローズ社では、本ソリューションの活用により、例えばメーカーごとの仕入実績管理や、事業部門別の売り上げ分析など、より多くの項目にわたる分析が迅速かつ容易にできるようになり、取引における意思決定力が向上しました。これらの分析に必要な膨大なデータを戦略情報に変えて経営を可視化するため、物理的データの統合基盤としてSAP BusinessObjects Data Integratorを、エンドユーザーが利用するフロントエンドツールとしてWebベースのクエリーを、レポーティングにはSAP® BusinessObjects™ Web Intelligence®、その基盤としてSAP BusinessObjects XI 3.1が採用されました。

ユナイテッドアローズ社では今後、現在は本部社員のみによるシステムの活用を、各店舗へ拡大することも検討しており、SAP BusinessObjects XI 3.1活用によるさらなる業務効率の向上を目指しています

以上


株式会社ユナイテッドアローズについて
株式会社ユナイテッドアローズは、1989年創業の服飾専門小売業です。国内外から調達した最新トレンドの仕入品と同社のオリジナル商品をミックスして運営するセレクトショップ形態の店舗を展開しており、主力業態のユナイテッドアローズ、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングなど、全12のストアブランドを運営しています。THE STANDARDS OF JAPANESE LIFESTYLE(新しい「日本の生活文化の規範」となる価値観の創造)を経営理念に掲げており、全国152店舗を構えています。
http://www.united-arrows.co.jp

Tags: , ,