SAPジャパン、業務プロセス管理ソフトの新版を提供開始

2009年12月16 日 by SAP News 0

SAP® Business Suiteとの統合強化を図り、会社固有のビジネスプロセスを実現する
SAP NetWeaver®Business Process Management 7.2

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、企業の業務プロセスを可視化・簡素化し、継続的な改善の実現を可能にする開発ソフト「SAP NetWeaver® Business Process Management」(エスエイピー・ネットウィーバー・ビジネスプロセス・マネジメント、以下SAP NetWeaver BPM)の新バージョンを提供開始することを発表します。新バージョンのSAP NetWeaver BPM 7.2では、業務基幹ソフトウェア「SAP® Business Suite」との統合強化、およびビジネスプロセスの設計における生産性の向上を図り、会社固有のビジネスプロセスの効率的な開発を実現します。
新バージョンは、12月21日に提供開始を予定しています。

SAP NetWeaver BPM 7.2は、最新の標準規格に基づいた統合開発・実行環境である「SAP NetWeaver® Composition Environment 7.2(エスエイピー・ネットウィーバー・コンポジション・エンバイロンメント、以下SAP NetWeaver CE)」のコンポーネントとして提供されます。SAP NetWeaver CEは、お客様独自の業務プロセス構築をサポートする、Eclipseを基にしたコンポジットアプリケーション開発環境です。開発および実行環境が統合されているために、開発サイクルの短縮化とITコスト削減を実現することができます。

SAP NetWeaver BPMに関する主な新機能は、下記のとおりです。

業務担当者向けとシステム開発者向けモードの切り替え:ビジネスプロセスのモデリングにおいて、業務部門とIT部門の協業をさらに円滑にするため、従来から備わっているシステム開発者向けの詳細なモデリング設計画面に加え、実際に業務を行う業務担当者向けに業務視点で必要な設定項目のみ設定できるモデリング設計画面を備えました。これにより、業務担当からシステム開発者へのモデリング設計の伝達がよりスムーズに行われ、システム開発者向けモードに切り替えてデザイン・開発ができます。このことから、それぞれの業務部門主導のビジネスプロセス設計が可能になります。

ユーザーインターフェース技術の拡張:ユーザーインタフェースの自動生成機能が追加され、開発工数が大幅に削減されます。また、これまでWeb Dynpro for Javaのみがサポートされていましたが、アプリケーション開発を簡素化するツールであるSAP NetWeaver® Visual Composerも SAP NetWeaver BPMのユーザーインタフェースとして選択可能になりました。さらに、SAP® Interactive Form by Adobeとのネイティブ統合により、オフライン・インタラクティブフォームを利用し、社内のポータルユーザーだけではなく、お客様やサプライヤなどの外部ユーザーも業務プロセスに参加することができるようになります。

プロセスレポーティング機能の拡張:データウェアハウス機能を統合したビジネスインテリジェンス・プラットフォームであるSAP NetWeaver® Business Warehouseと連携し、SAP NetWeaver BPMで実行されるプロセスの稼働状況、サービスレベルと比較した遅延状況といったプロセス品質を測定するレポート作成機能が追加され、ビジネスプロセスにおけるボトルネックの分析や改善などPDCAサイクルの向上に役立てられるようになります。さらに、例えば購買申請をした際に、単純に購買申請の承認を上長に求めるのではなく、今回の申請で累計申請額、品目ごとの申請累計額、季節傾向などがどう変わるかなど業務的な分析をシミュレーションしたレポートを自動生成して、上長に転送することができ、高度な意思決定を迅速に行うことができます。

SAP Business Suiteとの連携強化:SAP® ERPに代表されるSAP Business Suiteが実行する業務プロセスとSAP NetWeaver BPMのプロセスを連携することができます。SAP ERPで購買依頼が登録された後、SAP NetWeaver BPMの承認プロセスが自動的に起動し、承認の結果によってSAP ERPで購買申請登録や購買依頼のキャンセルが行われるといったように、SAP ERPの実行結果に伴いSAP NetWeaver BPMで動的にプロセスを起動し、またSAP ERPへSAP NetWeaver BPMでの意思決定結果を反映させるといった柔軟なプロセスが効率的に実現できます。

RFC/BAPI連携が実現:SAP NetWeaver BPMとのシステム連携は従来サービスインターフェースのみでしたが、これに加えRFC/BAPI連携が可能になりました。これにより、サービス化されていないSAPアプリケーションも利用可能になり、標準とは別に差別化を図るための固有の業務プロセスの構築を支援します。

また、SAP NetWeaver CEに含まれるSAP NetWeaver BRMに関する主な新機能は、下記のとおりです。

ルールフローのサポート:業務担当者が社内で規定された業務ルールの策定を行う上で、これまでは“IF THEN”形式とディシジョンテーブル形式のみが提供されていました。新機能では、業務ルールをフローチャートのように可視化できるフロー形式が追加され、複数の複雑な条件の組み合わせなどの細かいルール定義を可能にしつつ、ルール開発プロセスの工程が削減されます。

ディシジョンテーブルをExcelやウェブインターフェースから変更:従来は業務担当者から変更依頼を書面で提出するなどして、IT部門の管理者に変更をしてもらい、配備をしてもらう必要がありました。Microsoft Excelとの統合によりビジネスユーザはExcelでルールを変更して転送すると、IT部門の管理者はそれをインポートして、修正を即反映できるようになります。
また、ウェブインターフェースを使うと、こうした手間も必要なく、業務担当者が直接ルールを変更できるようになります。

ルール検証機能の拡張:複数ルール間での重複や矛盾がないかについて、自動的に検証ができるようになります。数多くのルールが運用されるようになるとルール間の整合性を検証する必要がありますが、これにより低コストで幅広いテストの実行が可能になります。

以上

Tags: ,