富士通とSAPがSaaS型情報分析サービスを日本市場向けに共同提供

2010年4月5 日 by SAP News 0

企業の経営情報をトータルに分析するBIサービス「SAP® BusinessObjects™ BI OnDemand」を富士通のクラウド環境で提供

Tokyo富士通株式会社(本社:東京都港区、執行役員社長:山本 正己、以下、富士通)とSAP AG(本社:ドイツ、共同CEO:ジム・ハガマン・スナーベ、ビル・マクダーモット、以下、SAP)は、このほど、SAP® BusinessObjects™ブランドのSaaS型情報分析サービスである「SAP® BusinessObjects™ BI OnDemand 」の日本語バージョンを共同開発し、富士通のクラウド環境から日本市場に提供することで合意しました。
「SAP® BusinessObjects™ BI OnDemand」は、SaaS型のビジネスインテリジェンス(BI)*1・サービスで、2006年に提供を開始し、すでに世界で26万人に利用されています。

企業では、経営環境の変化に対応し、タイムリーな経営判断や現場マネジメントを行うために、情報の分析・利活用および企業内外での情報共有は、今後の情報システムの大きなテーマとなっています。しかし、クラウド時代においては、必要な情報は基幹システムのみならず、クラウド環境や個人のPC上に分散しています。そのため、さまざまな情報を収集・分析し、経営から現場業務までビジネスのあらゆるフェーズに活かすためのBIサービスが注目されています。

今回、両社で提供する「SAP® BusinessObjects™ BI OnDemand」は、分散した経営情報を容易に集め、組み合わせて分析、共有することで、経営の見える化を実現します。たとえば、今回提供する機能の一つであるデータマッシュアップは、個々に構築された業務システムから収集した会計データや受注データを、一つの業務システムデータのようにPC画面上で閲覧でき、経営分析やレポート作成を行うことができます。

また、本サービスは、SaaS型で提供するため、お客様は自前でシステムを構築しなくても、インターネット経由で利用することができ、お客様の既存のクラウド・システムや外部データ、他社SaaSとの連携などが可能で、統合的な情報活用を、迅速に、低価格で実現することができます。
さらに、瞬時に検索・分析が可能な 「SAP® BusinessObjects™ Explorer」の機能も標準搭載しており、お客様はあらゆる経営情報に即座にアクセスし、ナビゲートすることも可能になります。

両社は、グローバルパートナーとして、ERP分野でグローバルに協業を進めておりますが、今回の戦略的協業を通じてBI分野においても、グローバルな戦略的パートナーとして協業を深めてまいります。

以上


*1 ビジネスインテリジェンス:Business Intelligence(BI)。企業内の様々な業務システムから蓄積されるデー
タを蓄積、分析、加工し、総合的な経営判断を行おうとする概念。

Tags: , , ,