SAPジャパン、パートナーによる中堅企業向けERP導入プログラム「SAP® Business All-in-One fast-start program」を強化

2010年4月12 日 by SAP News 0

業種・分野に特化したパートナー独自のソリューション追加により幅広いシナリオでの提供が可能に

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、本日SAPのパートナーによる中堅企業向けERP(基幹業務ソフトウェア)の短期間・低コスト導入プログラム「SAP® Business All-in-One fast-start program(エスエイピー・ビジネス・オール・イン・ワン・ファスト・スタート・プログラム)」を強化することを発表します。これにより、お客様はそれぞれのパートナーが強みとする分野におけるノウハウを活かしたシナリオを、さらに低価格かつ短期間で導入することができます。

SAP Business All-in-One fast-start programは、サービス、商社・卸、製造業界の中堅企業を対象に、低価格かつ短期間でのERP導入を可能にするプログラムです。Web上でシステム構成のシミュレーションができるツール「オンライン・ソリューション・コンフィギュレーター」により、導入にかかる費用をその場で試算することができるのが特長です。

同プログラムによるソリューションはこれまでSAPジャパンが中心となり提供してきましたが、この度SAPのパートナーからも提供されることで、パートナーごとの固定価格モデル(2500万円~)が採用されます。また、業種・分野に特化しパートナーごとにカスタマイズしたソリューションがオンライン・ソリューション・コンフィギュレーターに組み込まれ、各パートナーの得意分野や強みを活かしたシナリオを含む独自のソリューションをお客様に提供することができるようになります。

また、SAPのベストプラクティスに基づく分析機能を含むビジネスインテリジェンス(BI)アプリケーションや、営業活動やマーケティング管理、保守サービス管理などの分野をカバーするCRMアプリケーションもSAP® ERPと連携して同プログラムで提供されるようになり、お客様の課題やニーズに対してより幅広いシナリオで対応することができます。

SAPジャパンとともに同プログラムの共同展開を行う当初のパートナー企業は、以下の4社です(五十音順)

    キヤノンITソリューションズ株式会社
    株式会社テクノスジャパン
    日本ソフトウエア株式会社
    日本ビジネスコンピューター株式会社

SAPジャパンでは、年内に15社のパートナー企業によるプログラム参画を目標としており、お客様により幅広い導入シナリオ選択肢を提供できるよう、パートナーとともにさらなるプログラム推進を図っていきます。

以上

Tags: , , , ,