シャープにSAPの化学物質管理ソリューションを基盤にした「REACH化学物質集計システム」を納入

2010年6月30 日 by SAP News 0

シャープシステムプロダクトの支援により、国内外の情報を集約し、化学物質情報の可視化を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下 SAPジャパン)は、SAPの製品含有化学物質管理ソリューションであるSAP® product and REACH compliance(エスエイピー・プロダクト・アンド・リーチコンプライアンス)を基盤にした化学物質情報管理システムである「REACH化学物質集計システム」をシャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:片山 幹雄、※「片」の字は、下の横棒が右につき抜けている、以下 シャープ)に納入し、2010年6月から本格稼働を開始したことを発表します。本システムの開発および構築はシャープの関係会社であるシャープシステムプロダクト株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:市山 英治、以下 SSP)が行いました。

シャープは、2007年に施行されたREACH規則に対応するため、SAP ERPベースの商品やデバイスの構成表との連携を柔軟に行うことができ、更に多言語対応が可能なSAP® product and REACH complianceを基盤とする化学物質管理システムであるREACH化学物質集計システムを構築、導入しました。これにより、複写機など部品点数が1000点を超える製品の化学物質含有量の集計、グローバルで一元的に化学物質含有情報を収集・管理することなどが可能となりました。また、今後のREACH規則等の含有化学物質規制の他国・地域への拡大にも容易に対応ができます。
このシステムは、すでに同社で稼働していたSAP® ERPとの親和性が高く、同システムの構成表データや販売データを活用し、液晶テレビなどの商品や液晶パネルなどのデバイスの1個当たり、さらには欧州向けに出荷する全体の化学物質含有量の集計が容易にできます。これにより、REACH規則に対するコンプライアンスチェックが自動で実施でき、管理の高度化を実現しました。
このシステムは、シャープにおける環境分野でのシステム構築で実績を持つSSPが開発を担当。シャープとSSPは、2009年6月に導入プロジェクトを開始、約1年で運用開始に至りました。

なお、SSPでは、SAP product and REACH complianceを基盤に、商品・デバイス双方に対する当システム導入で培った、業界標準フォーマットや製品別の含有化学物質量集計結果の世代管理等の固有要件への対応経験やノウハウを、「シャープREACHモデル」としてテンプレート化しお客様への提供を開始します。同テンプレートを活用することで、REACH規則対応を検討している企業へのシステム導入の短期化を図ることが可能です。

SAP® product and REACH complianceは、環境・安全・衛生に関する規制対応やコンプライアンス遵守をサポートするSAP® Environment, Health, and Safety Management(SAP EHS Management、エスエイピー・イーエイチエス・マネジメント)の一機能として提供されます。

以上

シャープ株式会社について
創業は1912年。設立は1935年5月。資本金30万円をもって株式会社組織に改め、株式会社早川金属工業研究所を設立。本社所在地は、大阪市阿倍野区長池町22番22号。事業内容は、エレクトロニクス機器(AV・通信機器、健康・環境機器、情報機器)、電子部品(液晶、太陽電池、その他電子デバイス)。資本金は2,046億7,500万円(100万円以下は切捨)(2009年3月末現在)。売上高は2兆7,559億4,800万円(連結)。社員数は22,700名(単体)、54,800名(連結)(2010年4月1日現在)。

シャープシステムプロダクト株式会社について
シャープシステムプロダクト(SSP)は、1969年の設立。シャープの情報関連機器のシステム販売会社として、シャープ製品を核に、特長ソフト・サービスを付加した業種・業務別システムの提供し、一般企業はもとより、流通サービス業、文教・官公庁分野等、多岐に亘る顧客の競争力強化を支援しています。また、シャープグループのシステムインテグレーターとして、SAP® ERPを始め、統合コールセンター、生産管理システム、建物セキュリティシステムなど、多数のシステムを構築しています。
http://www.sharp-ssp.co.jp/

Tags: