SAPジャパン、「SAP BPM スペシャリスト育成プログラム」を開始

2010年7月20 日 by SAP News 0

お客様のニーズに迅速に対応できるBPM人材を育成

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、ビジネス・プロセス・マネジメント(以下、BPM)の深い知識・スキルをもつ人材を育成し、BPM導入体制を強化するため、パートナー企業の技術者を対象に「SAP BPM スペシャリスト育成プログラム」を本日より開始したことを発表します。

SAPは業務に溶け込んだ利用者視点のビジネスプロセスを実現する事を目的に、BPMを実現するツールとして「SAP NetWeaver® Business Process Management(エスエイピー・ネットウィーバー・ビジネスプロセス・マネジメント、以下SAP NetWeaver BPM)」を提供しています。コンプライアンスやコスト削減などの圧力、さらにグローバル化やデバイスの進化といった外部環境の変化を背景に、今年に入りBPMのニーズが急増しています。

BPM案件では、お客様の要望は業務・システムの両面で多岐に渡り、特にシステム面ではパッケージソフトウェア以外にスマートフォンやタブレット型端末などの様々なデバイスや、お客様固有の手組みシステム、さらに他社製品なども含めた幅広い知識が求められます。また、お客様の要件をコンセプトから具現化する過程で、プロトタイプ的に実装するデモンストレーションへの要望も高まっています。このような多様なニーズに迅速に対応できる人材を育成するため、SAPジャパンは「SAP BPM スペシャリスト育成プログラム」をSAPパートナー企業に提供することとなりました。

育成プログラムには、無償トレーニングの提供、定期的なワークショップの開催、SAPオフィス常駐による初期段階からの案件参加、デモやプロトタイプの設計・開発の4つのサービスを含み、8社のパートナー企業が参加します。

<SAP BPM スペシャリスト育成プログラム内容>

    1. 無償トレーニングの提供
    ・プログラムの初期に無償でトレーニングを実施します。

    2. 定期的なワークショップの開催
    ・定期的に、実践的なテクニカルセッションや案件事例のフィードバックを行う
     ワークショップを開催いたします。

    3. SAPオフィス常駐による初期段階からの案件参加
    ・実際の案件に参加いただき、経験を積んでいただきます。

    4. デモやプロトタイプの設計・開発
    ・SAPエンジニアと一緒にデモンストレーションやプロトタイプの設計・開発

<参加パートナー企業>(参加予定企業含む)

  • アクセンチュア株式会社
  • アビームコンサルティング株式会社
  • 株式会社オージス総研
  • クラスメソッド株式会社
  • JFEシステムズ株式会社
  • 株式会社DTS
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  • 株式会社ワイ・ディ・シー

(以上、五十音順)

同プログラムにより、SAPジャパンは、SAP NetWeaver BPMに関する知識・スキルに通じるだけでなく、お客様の要望に沿った価値提案ができるビジネスプロセス・エキスパートの育成を目指します。

以上

Tags: , ,