【参考資料】SAP、「SAP® Business ByDesign™」の最新版の一般提供開始

2010年8月20 日 by SAP News 0

「SAP® Business ByDesign™ソリューション向けフィーチャーパック2.5」の一般提供を開始
画期的なスターター・パッケージにより、オンデマンドのスイート導入を加速

(本リリースは、8月2日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、「SAP® Business ByDesign™ソリューション向けフィーチャーパック2.5」の一般提供を2010年7月30日から開始したと発表しました。この包括的な完全統合型オンデマンド・ビジネス・マネジメント・スイートは、中国、フランス、ドイツ、インド、英国、米国で提供開始します。このほか、完全なSAP Business ByDesignソリューションのエントリーレベルとなる、3種類のプリコンフィギュアのスターター・パッケージの提供開始も発表しました。
日本における提供は、2011年以降を予定しています。

SAP Business ByDesign 向けフィーチャーパック2.5の一般提供

SAP Business ByDesign向けフィーチャーパックは、リアルタイムによるインメモリの分析機能、携帯機器のサポート、カスタマイズ可能なリッチ・ユーザーインターフェイス、柔軟性の向上など、お客様中心のイノベーションを一般向けにも提供します。

この新しいフィーチャーパックには、大規模な展開に対応し、提供コストを引き下げるために必要な、成熟した顧客ライフサイクル管理機能が採用されています。マルチテナントに完全に対応し、お客様やパートナーごとのビジネス展開に対応しつつ、デフォルトのユーザーインターフェイス、レポート、フォームを容易かつ柔軟にカスタマイズできるように設計されています。また、SAPの実績あるライフサイクル管理システムを活用し、アップグレード期間中のすべての変更を保護します。

SAP Business ByDesignの販売戦略においては、パートナーが引き続きその中心的な役割を果たします。ソリューションパートナーやソリューションリセラーが、新しいビジネスモデルや販売機会をお客様に提供します。

スターター・パッケージがSAP Business ByDesignの導入を容易に

SAP Business ByDesign向けのスターター・パッケージは、お客様が具体的な機能に関するニーズやビジネス上の課題に迅速かつ低コストで対応し、完全統合型の機能を業務を中断せずに追加することで、将来的な成長のための基盤を構築します。

スターター・パッケージは、プリフィギュアで、完全なSAP Business ByDesignスイートのサブセットであるため容易に導入できます。1万3500ドル(9900ユーロ)からの固定実装価格を実現しています。専用の実装手法と組み込みのe-ラーニング機能により、これらのパッケージはお客様の要件に合わせて短い場合にはわずか3週間で実装可能です。ビジネスの成長に合わせ、ユーザーはこのソリューションの範囲を拡大するとともに、事前に組み込まれている機能を有効にすることができます。

これら3つのスターター・パッケージは、以下の構成で現在10社に提供しています。

  • 顧客関係管理(CRM)スターター・パッケージ
    CRMスターター・パッケージは、営業支援(SFA)向けのビジネス・ベストプラクティスを提供することで、効率的なリードの生成、販売プロセスの全段階の管理、取引の締結を可能にしつつ、受注から決済まで(order-to-cash)のプロセス全体の拡張に向けた基礎を築きます。
    CRMスターター・パッケージは、固定実装価格1万3500ドル(9,900ユーロ)、特別サブスクリプション価格はユーザー1人あたり89ドル(79ユーロ)により、約3週間での実装が可能です。
     
  • 基幹業務ソフトウェア(ERP)スターター・パッケージ
    ERPスターター・パッケージは、会計のみのシステムでは不十分なお客様に対し、次段階の成長を管理する上で必要な財務・会計・分析の統合機能を提供します。
    同パッケージは、約6週間またはそれ以内での実装が可能であり、固定実装価格3万7500ドル(2万4900ユーロ)、通常サブスクリプション価格はユーザー1人あたり149ドル(133ユーロ)で提供されます。
     
  • プロフェッショナルサービスプロバイダー(PSP)スターター・パッケージ
    PSPスターター・パッケージは、小規模企業や中規模のプロフェッショナル・サービス企業に対し、世界トップクラスのプロセス管理機能を低コストで提供できるよう設計されています。これらの機能は、業務を包括的に管理するだけでなく、資本に恵まれた競合他社と条件を対等にする上で欠かせないものです。
    PSPスターター・パッケージは、約8週間で稼働できるよう設計されており、固定実装価格4万5000ドル(3万4900ユーロ)、通常サブスクリプション価格はユーザー1人あたり149ドル(133ユーロ)で提供されます。

Saugatuck Technologyの創設者兼CEOであるビル・マクニー(Bill McNee)氏は、次のように述べています。「SAP Business ByDesignのフィーチャーパック2.5により、SAPは、完全統合型スイートを求める中堅・中小規模の企業のニーズへの対応で、着実な進歩を遂げています。『ベスト・オブ・ブリード』から『ベスト・オブ・スイート』のオンデマンド・ソリューションの展開へと移行しつつある市場にとっては、今回のリリースによって、また1つ重要な道しるべが示されたことになります」

SAPのSMEソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデント兼コーポレートオフィサーのピーター・ローレンツ(Peter Lorenz)は、次のように述べています。「フィーチャーパック2.5の一般提供開始により、当社は大きなマイルストーンを達成しました。今回の最新版の実現する大規模なイノベーションにより、当社は、現在および将来にわたってお客様のビジネスニーズに対応することができます。SAP Business ByDesignのオンデマンドサービスは、最新のクラウド・インフラストラクチャ上で動作するため、真のボリュームビジネスが可能です。さらに、最新のスターター・パッケージによって、統合オンデマンド・スイートへと移行中のお客様は、各種サービスを迅速に導入し、いち早く成果を実現できると考えています」

以上

Tags: , , , ,