SAPジャパン、モバイルビジネスを強化

2011年3月10 日 by SAP News 0

Sybase社のAfariaおよびSybase Unwired Platformの販売体制を整備

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、モバイルビジネスの販売体制を強化することを発表しました。

SAPは、オンプレミス、オンデマンド、オンデバイスというあらゆる環境において、
オープンかつ一貫したソフトウェアを提供することにより、お客様のビジネスの成長を支援することに注力しています。
SAPはSybase社を2010年7月に買収後、それぞれの強みを生かしながら、モビリティー、ビジネスアナリティクス、
およびインフォメーション・マネジメントの分野において両社によるシナジー効果とイノベーションを推進しています。

その一環として今回、SAPジャパンでは営業体制を整備するとともに、パートナーとの協業、開発者の育成、
マーケティング活動を積極的に行うことでSAPのモバイルビジネスを強化します。具体的には、営業および技術者から
構成される専任のモバイル事業推進チームを組織化し、従来のSAPの営業部隊と共にお客様への提案が可能な体制を整えました。
これにより、Sybase社のモバイル・デバイス・マネジメント・ソフトウェアである
Afaria®(アファリア)
および、
同社のモバイル・アプリケーション開発基盤である

Sybase Unwired Platform(サイベース・アンワイアード・プラットフォーム))
の本格的な提供を開始します。

また、SAPパートナー向けのモバイルアプリケーション開発者育成プログラムを今月より展開するほか、
モバイル製品の導入から実装までに関するトレーニングおよびお客様やパートナー向け勉強会を定期的に開催する予定です。
さらに、パートナーおよびお客様とともに先進的なソリューションの研究開発を行う施設
SAP Co-Innovation Lab Tokyo(略称:COIL Tokyo、コイルトウキョウ)において共同検証プログラムを実施予定で、
お客様がよりモバイル環境を検討、導入しやすい体制を整えます。

Afariaは、企業のスマートフォンやタブレット端末を安全に管理するモバイル統合管理プラットフォームです。
これにより、企業ユーザーは、モバイルの環境から企業内のSAP アプリケーションなどの業務アプリケーションを
セキュアな環境で活用することができます。例えばソフトウェアの配布や 端末内情報の管理、ソフトウェアライセンス管理、
アップデートやインストールプロセスの自動化、
端末データのバックアップ、紛失時データ消去やロックなどを行うことができます。

Sybase Unwired Platformは、エンタープライズ・モバイル・アプリケーション・サーバーソフトで、
特に異種環境におけるモバイルアプリケーションの開発を大幅に簡素化・迅速化する開発基盤を備えています。
一般的な IDE(統合開発環境)との互換性により既存のツールや専門知識をそのまま活用できます。
また、開発したアプリケーションは、企業内のデータベースや、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を
利用するアプリケーションなど、
様々なエンタープライズ・アプリケーションと連携することができます。

Afariaと同様、Windows Mobile/Windows 32(ノートPC/タブレット)/iPhone、
RIM BlackBerry デバイスなど、さまざまな携帯端末やオペレーティングシステムに対応しています。

以上

Tags: