保土谷化学工業に、SAP® EHS Managementを活用した「化学物質総合管理システム」を導入

2011年5月23 日 by SAP News 0

中堅化学メーカーにおける初の全面導入を短期間で実現

Tokyoアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下、アクセンチュア)およびSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下 SAPジャパン)は本日、保土谷化学工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多野 利和、以下 保土谷化学工業)が環境・安全・衛生に関する規制対応やコンプライアンス遵守をサポートするSAP® Environment, Health, and Safety Management(エスエイピー・イーエイチエス・マネジメント、以下SAP EHS Management)を基盤にした「化学物質総合管理システム」を導入し、本格稼働したと発表しました。これにより、高精度な製品安全データシート(MSDS)の迅速な作成が可能となり、また国内外のコンプライアンス要件やエンドユーザからの個別要望にも迅速・正確に対応することが可能になります。保土谷化学工業への導入プロジェクトはアクセンチュアが担当しました。

「化学物質総合管理システム」は、国内外で1,000件以上の導入実績があるSAP EHS Managementを基盤として、アクセンチュアが国内企業向けに独自に開発したソリューションです。アクセンチュアのグローバルにおける豊富な導入経験に基づくノウハウにより、わずか5ヶ月間で運用開始に至りました。なお、中堅化学メーカーにおけるSAP EHS Managementの全面導入は初となります。

近年、世界的な潮流として化学物質の適正管理に求められる水準が飛躍的に高まり、これに伴い、顧客からの含有化学物質に関する問い合わせが大幅に増加するなど、保土谷化学工業においては化学物質管理の体制強化が急務となっていました。そこで、すでに同社で導入していたSAP® ERPとの親和性が高く、日本を含むグローバルの大手化学品メーカーにおいて採用が進むSAP EHS Managementの採用を決定しました。「化学物質総合管理システム」の導入によって、最新かつ正確な情報に基づいて全社で統一された対応が可能となり、飛躍的なガバナンス向上を実現しました。また、個人や部門内に散在していた製品や原材料の含有化学物質に関する情報やノウハウを集約させたことで、顧客からの要望にも迅速、かつ的確に対応できるオペレーション基盤を構築しました。

「化学物質総合管理システム」では、国内最大の化学物質データベースを保有する日本ケミカルデータベース株式会社から提供される化学物質の有害性・法規等に関する最新情報と、保土谷化学が独自に保有する化学物質情報を統合し、より精度の高い化学物質管理を実現するとともに、国内法改正等への効率的な対応を可能にします。また、社団法人日本化学工業協会策定のガイドラインに準拠したMSDS(製品安全データシート)自動作成機能や、グリーン調達関連機能により、エンドユーザからの要望への対応を含めた化学物質管理業務の大幅な効率化を実現します。

今後、保土谷化学工業ではSAP® ERPソリューションと統合されたアプリケーションの特徴を最大限に活用し、購買、生産、販売等の企業内活動と化学物質管理を関連付け、それぞれの活動における化学物質取扱量の把握も効率的に行える仕組みの構築を計画しています。

以上

【アクセンチュアについて】
アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。およそ21万5千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2010年8月31日を期末とする2010年会計年度の売上高は、約216億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国170,000社以上の顧客企業に利用されています。
国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
(http://www.sap.com/japan)

Tags: , ,