SAPジャパン、真のリアルタイム性を実現するSAP HANA™の導入を支援するサービス3種を発表

2011年7月5 日 by SAP News 0

導入における不確定要素や課題を解消し、ROIの高い導入を支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ)は、最新の革新的なインメモリソフトウェアであるSAP HANA™ を、導入前にその効果の検証を可能にした導入支援サービス2種(「データウェアハウス高速化アセスメント」、「Proof of Concept実機検証サービス」)、導入時において分析テンプレートを用いて効率的かつ、確実に導入を実現する導入支援サービス1種(「分析テンプレートを用いた導入コンサルティング」)を本日より順次提供開始します。

企業内に蓄積されるデータは、ここ数年間で急増し、多くの企業は瞬時に意思決定を行うための真のリアルタイム情報分析、および正確な洞察力を必要としています。一方企業は、昨今の経済情勢も鑑み、IT投資に対するROIを少しでも高め、最適な導入を求める傾向があります。特にSAP HANAなど革新的な製品に対しては、その導入効果を事前に検証したい、また導入から運用開始までの期間をできる限りスピーディに行いたいという考え方を持っていることも事実です。

今回SAPジャパンでは、そうしたユーザーのニーズにあわせ、3種の導入支援サービスを準備することで、企業の導入における不確定要素や、不安、課題などを解消することで、革新的な技術の導入に対するROIを高める支援を目指します。


  • データウェアハウス高速化アセスメント
    現在導入しているシステムに対し、その使用目的や使用方法などを専門の導入コンサルタントが検証し、既存システムのチューニングなどによる解決方法やSAP HANAを活用した解決方法を合わせて検証する導入前机上シミュレーションサービスです。
    このサービスにより企業は、システムのチューニングなどを行った場合、SAP HANAを導入した場合のそれぞれの費用対効果を、定性・定量化されたレポートで事前に確認することが可能となります。現状と最善策を多角的に比較することが可能となり、データウェアハウスや分析レポートの課題解決における企業の意思決定をも迅速化することが可能です。
    検証期間:約1週間
    提供開始:本日より提供開始

  • Proof of Concept 実機検証サービス
    企業内の実際のデータをもとに、SAP HANAの革新的な技術をお客様自ら検証を行いたいというニーズを実現した検証サービスです。
    SAPジャパン内にあるSAPグローバル共同開発センターのCOIL Tokyo (SAP Co-Innovation Lab Tokyo)において、お客様企業の環境を再現した実機を用意し、その環境をユーザー自ら検証に使用することで、実機による検証を可能にしたサービスです。
    これによりお客様は、実際のデータウェアハウスのパフォーマンス課題がどれくらい改善するかを体感できるので、納得の投資判断ができるようになります。また一通りの構築作業をSAP HANA導入コンサルタント支援のもとに経験できるため、確実な導入計画を立案できるようになります。
    検証期間:約1-2ヶ月間
    提供開始:本日より提供開始

  • 分析テンプレートを用いた導入コンサルティングサービス
    これまでのERPの導入経験を活かし、販売・在庫・購買・会計管理分野において、事前定義、かつテスト済みの分析テンプレートと定義文書を用いたサービスです。
    システム構築にあたっては、勘に頼った導入やトライ&エラーの作業は最小限にする必要があります。革新的な製品であるSAP HANAの導入においては、なおさらです。
    テンプレートと定義文書、そしてSAP HANAの導入方法論を熟知したコンサルタントによって、ROIの高い導入支援が可能となります。
    提供開始:2011年 第3四半期 予定

以上

Tags: , ,