SAPジャパン、リアルタイムビジネスを加速する日本語版のエンタープライズ・モバイル・アプリケーション、27種類を発表

2011年9月27 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎)は、エンタープライズ・モバイル・アプリケーション27種類の日本語版を第4四半期より提供開始すると発表しました。これにより、国内における真のリアルタイムビジネスを実現し、企業活動の生産性、効率化を加速します。

今回提供開始を予定しているエンタープライズ・モバイル・アプリケーションは、営業や製造現場などの第一線で活躍する担当者から、外出先や移動途中でも経営戦略に重要な企業情報をリアルタイムに閲覧する必要がある管理者まで、利用シーンの異なるユーザーに合わせて豊富なラインアップを揃えています。これにより、タイムリーな情報の確認と意思決定のスピード化が要求される商談や承認などのビジネスシーンにおいて、さらなるビジネスチャンスの拡大につなげることができます。大きく以下の3つのカテゴリーから日本語版の27製品を提供します。

① 従業員の生産性を向上する「ライトアプリケーション」
SAP Employee Lookup (従業員検索)
SAP Customer and Contacts (得意先検索・照会)
SAP Sales Order Notification (受注ステータス参照)
SAP Material Availability (在庫照会)
SAP Payment Approvals (購買承認)
など全21種

② CRM利用など業務プロセスの実行とBIで高度な情報管理を行う「エンタープライズアプリケーション」
SAP CRM Sales (CRMセールス)
など全5種

③ コンシューマーに情報のアクセスを提供する「コンシューマーアプリケーション」
SAP Citizen Connect (住民サービス)
全1種

これらのモバイルアプリケーションは、SAPジャパンが提供しているSybase社のモバイルアプリケーション開発基盤「Sybase Unwired Platform(サイベース・アンワイアード・プラットフォーム)」上で稼働し、モバイル・デバイス・マネジメント・ソフトウェア「Afaria®(アファリア)」に対応しています。SAPジャパンのモバイルソリューションは、基幹システムとモバイル端末のセキュアかつシームレスな接続から、新規アプリケーションの開発、デバイスやアプリケーションの管理、多様なモバイル端末へのアプリケーションの配信やアプリケーション利用までのエンド・ツー・エンドをカバーしています。これにより、早期の業務モバイル化を実現します。

以上

Tags: