SAPジャパン、中堅中小企業向けの統合型アナリティクスソリューション「SAP® BusinessObjects Edge」シリーズの最新版を提供開始

2011年10月6 日 by SAP News 0

中堅中小企業における全社規模での情報活用を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎富太郎、以下SAPジャパン)は、中堅中小企業向けの統合型アナリティクスソリューションである「SAP® BusinessObjects Edge(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・エッジ)」シリーズの最新版を本日から提供することを発表します。本ソリューションには、ビジネスインテリジェンス製品である「SAP® BusinessObjects™ Edge Business Intelligence (BI)(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・エッジ・ビジネスインテリジェンス)4.0」に加えて、新たにデータの統合、品質の管理とテキスト分析を実現する「SAP® BusinessObjects Edge Data Services(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・エッジ・データサービシィズ)4.0」、企業情報管理ソリューションである「SAP® BusinessObjects Edge Information Steward(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・エッジ・インフォメーションスチュワード)4.0」が含まれます。本ソリューションを利用することで、実際に情報を必要としている人が直接利用可能な情報リソースを最大限に活用することができます。

最新版のSAP BusinessObjects Edge BIは、SAP BusinessObjects BI 4.0で機能強化された「ユニバース」を情報基盤に採用しています。ユニバースとは物理的に分散されたデータソース間における仮想的なデータ統合を実現する機能で、レポーティングからダッシュボード、アドホック分析や多次元分析まで包括的なビジネスインテリジェンス・ソリューションを提供します。さらに、本ソリューションはカスタマイズしやすく、直感的な操作性を実現します。様々なモバイル端末からも利用可能となっているため、初心者からプロフェッショナルまでユーザー層を問わず効果的に意思決定を行い利益向上を実現するために迅速なアクションを取ることができます。

新たに提供されるSAP BusinessObjects Edge Data ServicesとSAP BusinessObjects Edge Information Stewardは中堅中小企業のデータ活用におけるデータ品質の向上と情報基盤における運用管理の劇的な向上を実現します。 SAP BusinessObjects Edge Data Servicesはテキスト分析機能を利用することで、構造化データやソーシャルネットワークなどのような非構造化データなど様々なデータ形式から洞察力を得ることができます。どこに情報があるかにかかわらず、簡単に分析し、事実にもとづいた意思決定を行うことができます。
またSAP BusinessObjects Edge Information Stewardにより、システム管理者はデータの発生元からダッシュボードやレポートまで、情報活用のライフサイクル全体を通して一貫性のある情報提供基盤を低コストで実現することができます。

例えば、営業とマーケティングの両部門がある複数地域でのキャンペーン実施とその収益全体との関連について調べる際にSAP BusinessObjects Edge BIのナビゲーション機能を使い、詳細なレベルまで情報のドリルダウンを行い、キャンペーンがROIにどう影響したのかをリアルタイムでモニタリングすることができます。その結果、収益性の低い地域でのキャンペーンへの投資は即座に取りやめ、収益性の高い地域で行われているキャンペーンには投資額を再配分することなどができます。またSAP BusinessObjects Edge Data Servicesにより、カスタマーケアのコールセンターを設置し、ブログやFacebook、Twitterなどで何がつぶやかれているのかテキスト分析を行い、製品の欠陥やリコールのためのアラートを即座に出すことでブランドダメージを軽減することなども可能です。

以上

Tags: , , ,