SAPジャパン、最新版のモバイル統合管理プラットフォームを発表

2012年3月6 日 by SAP News 0

最新ユーザーインターフェースで操作性を向上、コスト削減効果とセキュリティに優れたモビリティ管理を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、モバイル端末やネットワーク、アプリケーションを効果的に管理するための基盤ソフトウェアであるAfaria®(アファリア)の最新版を3月末から提供開始することを発表します。最新版となるAfaria 7.0では、ユーザーインターフェース(UI)が刷新されたことによりモバイル端末の管理を簡素化し、SAP BusinessObjects™ソリューションとの連携によりレポーティング機能を向上させます。これにより、企業のIT部門によるモバイル周辺管理をより効果的に行うことができます。

昨今、企業におけるモバイル化が進み、いつでも、どこからでもリアルタイムで企業情報にアクセスし、さまざまな業務を行う勤務体系が可能となっています。そのため、モバイル環境の管理とセキュリティ保護の重要性がこれまで以上に高まってきています。モバイル統合管理プラットフォームの最新版であるAfaria 7.0は、コンシューマー(一般消費者)向けのようなモバイルエクスペリエンスを提供し、モバイル環境の管理を簡素化してITコストの削減を支援します。

Afariaは、1)モバイルユーザーがモバイル端末の登録・管理を自分で行うためのセルフサービス・ポータルの提供、2)企業の機密情報やモバイルユーザーの個人情報の保護、3)モバイルアプリケーションのシームレスな提供や更新、そして4)テレコムコスト管理(TEM: Telecom Expense Management)を提供することで、企業のスマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末を効率的に、かつセキュアに管理します。

今回の最新版では、Afariaのモバイル管理画面の刷新により操作性を大幅に向上しており、ITマネージャーやモバイルユーザーはモビリティ管理をより短時間で簡単に行うことができます。最新版の特長は下記のとおりです。


  • 最新のユーザーインターフェース:モバイル管理画面がwebブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Safari、Firefox)ベースに刷新され、外出先からモバイル管理画面にアクセスすることが可能です。また、メニュー画面もシンプルで見やすくなったことで、モバイルユーザーは直感的かつ簡単に各種機能の操作をすることができます。

  • 最新のWebサービス向けAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の追加:APIがさらに追加されたことで、お客様やパートナーは既存のシステムとAfariaをより簡単に連携することが可能となり、必要に応じたカスタマイズを行いやすくなります。

  • • SAP® BusinessObjects™ソリューションとの連携:SAP® BusinessObjects™ ExplorerやSAP® BusinessObjects™ Web IntelligenceといったSAP BusinessObjectsソリューションとの連携が実現することで、OSごとあるいはキャリアごとの端末数、月ごとにインストールしたモバイルアプリケーション数、端末のローミングアクティビティ(データ通信、通話など)などの情報を強力にドリルダウン分析することができます。また、レポートをグラフィカルにカスタマイズすることができるため、見やすい分析レポートの作成が可能になります。

ITコンシューマライゼーションが広がる中、SAPはモバイル・デバイス・マネジメントをはじめとする業界で最も包括的な、堅牢で合理化されたモビリティ管理プラットフォームをお客様に提供するために、今後もイノベーションを推進しています。

以上

Tags: ,