【参考資料】SAP、エンタープライズ・パフォーマンス・マネジメントがSAP HANA™で強化される新時代に突入

2012年3月22 日 by SAP News 0

(本リリースは、3月13日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、SAP HANAプラットフォームが、SAP NetWeaver対応のSAP® BusinessObjects™ Planning and Consolidationをサポートすることを発表しました。これにより、SAP HANAは統一された計画、予算、予測および連結プロセスの効率を劇的に向上させることができます。SAP HANAで強化されるSAP® BusinessObjects™ Planning and Consolidation のSAP NetWeaver対応バージョンは、企業がビッグデータを活用して、より優れた計画、より素早い実行を支援するための俊敏性を加速することを目指しています。このアプリケーションは、昨年発表されたSAP HANA上で稼働するSAP NetWeaver® Business Warehouse, powered by SAP HANAをサポートする最初のEPMアプリケーションとなります。SAPは、SAP HANAに投資したお客様がこのアプリケーションを使うことでインメモリコンピューティング技術を駆使し、計画、連結のプロセスを加速してパフォーマンスを劇的に向上していただくことを意図しています。

グローバルソリューションのプレジデントであるサンジェイ・プーネン(Sanjay Poonen)は次の様に述べています。「EPMおよびコア会計アプリケーションのリーダーとして、SAPはCFOオフィスの中でイノベーションを起こし、業界の課題に取り組んできました。ゆえに、お客様とパートナーがこれらのアプリケーションがSAP HANA上で稼働することを強く要望されていたことに驚きはありません。SAP HANAによって、企業の会計担当者は、計画、データ照会、レポートを迅速に、また収益性の分析およびシミュレーションをリアルタイムに行うことができます。これにより、SAPは今日の他のどのベンダーよりも、企業が素早く期末の決算作業を遂行し、賢明な決断を行えるようご支援することができます。」

以上