富士通が、グローバル化を進める日本企業向けにSAPのグローバル標準のテンプレートを活用したソリューションを提供開始

2012年4月17 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 正已、以下富士通)は、富士通がグローバル展開を進める企業向けに、SAP® Business Suiteの基本テンプレート群である「SAP® Best Practices(注1)」をベースにしたソリューションを4月末から提供開始することを発表します。本ソリューションはSAP本社と共同で技術検証を実施しました。

多くの企業がさらなる成長を目指して、海外展開を推進しており、そのためには、複雑なグローバルビジネスの動向をリアルタイムに把握し、各国で異なる固有の商習慣やグローバルスタンダードに基づいた事業戦略を支援できるITシステムが求められています。

今回、富士通が提供するソリューションは、SAP Best Practicesに含まれるグローバル標準である50カ国を超えるBaselineシナリオ(注2)とIndustryシナリオ(注3)を、海外進出を目指すさまざまな業界の日本のお客様のニーズに応える形で組み合わせて提供するものです。これにより、たとえば、M&Aを実施したり、拠点により生産・販売など業務形態が混在しているなど、多様化・拡大化する海外拠点のニーズに合わせてシナリオを組み合わせる(注4)ことが可能になります。本ソリューションは、グローバルに散在するお客様のシステムをより効率的に統合するだけではなく、展開拠点別の業務・各国ローカライズの一括対応が可能であることから、展開期間の短縮・コストのコントロールやプロジェクトリスクの軽減を可能にします。
SAP Best Practicesは2003年に最初のバージョンが提供されて以来、展開国・対応業種/機能を拡充し、今後もエンタープライズ向けのモバイルアプリケーションも含めSAP ERPソリューション拡大の基盤となるものです。今回のソリューションはSAP Best Practicesの基本部分にカスタマイズを入れることなく提供することで、今後のSAP Best Practices のさまざまな拡張展開に対応できるものになっています。

本ソリューションは、富士通が、お客様をサポートするためにSAPジャパンが開始したパートナー支援プログラム「SAP Partner Globalization Program(エスエーピー・パートナー・グローバライゼーション・プログラム)」を活用し、SAP本社(ドイツ)においてSAP Best Practicesの共同検証を行いました。富士通は、このプログラムに第一社目として参加し、SAP本社や上海にあるSAPラボにおいて富士通本社と海外拠点のグローバル統合検証を進めるなど、グローバル展開支援の基盤を築いています。

これまで富士通は、SAP本社と2004年にSAPグローバル・テクノロジー・パートナー契約(注5)を、2006年にSAPグローバル・サービス・パートナー契約(注6)を、そして2007年にはSAPグローバル・ホスティング・パートナー契約(注7)を締結しており、ハードウェア提供からコンサルティング、システム構築に至るまでトータルなSAPソリューションを国内、海外に向けて提供してきました。

富士通は今回提供するソリューションを日本企業の海外進出モデルと位置づけ、富士通の海外拠点と連携したグローバルSAPサービスフレームワークとともに、全社規模のグローバルビジネス統合を強力に支援してまいります。

以上

関連Webサイト
富士通のSAPソリューションhttp://jp.fujitsu.com/solutions/sap/

(注1) SAP Best Practices:SAPが過去35年間のベストプラクティスをベースに開発したSAP Business Suiteの基本テンプレート群。
(注2) Baselineシナリオ:SAP BestPracticesの基本シナリオ。財務、人事、販売、調達、在庫、製造、物流、製品開発、コーポレートサービスまでのモジュールをカバーする。現在50ヶ国以上公開。
(注3) Industryシナリオ:SAP BestPracticesの業種別のシナリオ。自動車、化学、食品・消費財、建設エンジニアリング、ハイテク、産業機械製造、商社、小売その他含め全25業種に対応。
(注4) 組み合わせる:バージョン・国・業種などにより制限がある場合があります。
(注5) SAPグローバル・テクノロジー・パートナー契約:SAP ソリューション向けのインフラ(ハードウェアプラットフォーム、データベース、ストレージシステム、ネットワーク、モバイルデバイスなど)を、グローバルレベルで提供可能なベンダーとして、SAP本社の認定を受けたもの。
(注6) SAPグローバル・サービス・パートナー契約:SAP 社とのパートナーシップを通じて、戦略的なビジネスコンサルティング、およびSAP ソリューションの設計・導入・統合とビジネスプロセスの最適化をお客様にグローバルレベルで提供可能なベンダーとしてSAP本社の認定を受けたもの。
(注7) SAPグローバル・ホスティング・パートナー契約:グローバルで3つの主要地域であるEMEA、北米、APJにおいて、SAPアプリケーションとSAP® NetWeaver®テクノロジープラットフォームを最適化するためのサポートセンターを持ち、サービスを提供可能であるベンダーとして、SAP本社から認定を受けたもの。

Tags: , , , , , , ,