SAPジャパン、サステナビリティソリューションSAP® EHS Managementの最新版を発表、従業員と環境の保護を支援

2012年8月6 日 by SAP News 0

資産集約型産業向けのリスク評価機能を導入し、オペレーショナル・リスクを事前に管理

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は本日、従業員労働衛生/安全管理、環境コンプライアンスなどで企業を支援するアプリケーション「SAP® Environment, Health,Safety Management(エスエーピー・エンバイロメント・ヘルス・セーフティ・マネージメント)」(以下、SAP EHS Management)の最新版を本日より提供開始します。最新版では、予防措置を講じることでコストや危険を伴うインシデント(*1)を回避するための機能が強化されたほか、iTunesを通じてモバイルアプリケーションの配信を行い、従業員は自らのモバイル端末を利用し、安全性に関する問題を報告することができます。

*1)インシデント:事故やヒヤリハットを指す

石油・ガス、鉱業、製造業など、ハイリスク産業の企業などでは、事故などのオペレーショナル・リスクの予防対策を計画することは、発生しうる大惨事を防ぐ最善の安全策と言えます。SAPでは、こうした業界の企業各社と協力し、環境・安全・衛生(EHS)のリスク評価について、トータルかつ予防的なアプローチを開発しており、リスクやインシデントを組織全体で特定、追跡、分析、軽減できるよう支援しています。

SAP EHS Management は、単体ではなく包括的・統合的なアプローチをとっており、1) 事故後の報告管理としての「インシデントマネジメント」、2) 事前にリスクの予防策を講じる「オペレーショナル・リスク・マネジメント」、3) 変更することで発生しうるリスクを防ぐための「変更管理」という3つのコンセプトから成り立っています。また、資産・人的資本管理ソフトウェアである「SAP® Business Suite」との連携により、分散したビジネスプロセスを横断する形で、全体的なリスクをより簡単に監視できます。

最新版のSAP EHS Management 2.0では、インシデントマネジメントをモバイルで可能にするための新機能、SAP® EHS Safety Issueが追加されました。これにより、従業員は、音声、動画、写真を通じ、モバイル機器から問題を記録し、安全担当マネージャにこれを直接送信して是正措置を求めることができます。

また、オペレーショナル・リスク・マネジメントの強化策として、新たな報告機能と国際的な基準(*2)に基づくダッシュボード機能を採用し、EHSリスクの優先順位を種類・重要性に基づいて素早く判断することができます。日常の業務プロセスをステップごとに分割し、その中にある潜在的なリスク要因の種別を特定し、リスク評価手法を用いて「ハザード」の「発生頻度」や「重篤度」を適切に評価し、その対策を講じるためのプロセスを開始し、ステータスを管理することができます。これにより、EHSに関する対策管理を完全に実行し、効率化の支援をするとともに、事業の継続性を高めることが可能となります。

また、こうしたリスク軽減策を導入するにあたっては、変更管理にも対応する必要があります。SAPでは、全く新しいソリューションとして、SAP® Management of Changeの機能の開発を進めています。これは、新たな原料、設備、業務手順の導入などの運用上の変更に対し、関連する業務手順やドキュメントなどを遺漏なく変更することを支援するものです。

EHS施策の確実な遂行は、企業内ばかりか取引先やステークホルダからも高く評価される傾向にあります。SAP EHS Managementは、まさに、企業の価値を高め、事業の継続性を推進するために不可欠なソリューションと言えます。

以上

*2) ISO31000、ISO14001やOHSAS18001、AIHAで求められる仕様を含む

Tags: ,