SAPジャパン、SAP HANA®の斬新な活用法を創出する新興企業向け支援プログラム「SAP Startup Focus Program」を国内で本格始動

2012年8月21 日 by SAP News 0

日本の優れた起業家と新しい創造力および技術の育成をグローバルに支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、SAP HANA®の革新的イノベーションを促進する「SAP Startup Focus Program」を日本で開始します。

SAP Startup Focus Programは、SAP HANAプラットフォーム上で稼働する、またはSAP HANAと連携するアプリケーションの開発を希望する新興企業やソリューションパートナーを支援するグローバルプログラムです。今年3月より米国で開始され、順次、欧州、アジアにおいても開始されています。SAP HANAの開発環境の提供や技術支援を行うほか、2012年11月13日から15日までスペイン マドリードで開催されるSAP最大の年次イベント「SAPPHIRE NOW Madrid」でもSAP Startup Focus Programから創出された新アプリケーションが発表される予定です。

SAP HANAは、インメモリコンピューティングの革新的な技術で、次世代のアプリケーション基盤として、超リアルタイムビジネスに貢献しています。SAP Startup Focus Programは、そうした革新的な技術の新たな可能性を創出する目的で展開され、アプリケーション開発のために必要な開発環境などの事前の投資、およびグローバルな見込み顧客へのプロモーション活動をSAPが支援することで、新興企業やソリューションパートナーにとっても大きなメリットがあり、斬新なアイデアを活かす機会となります。

日本におけるSAP Startup Focus Programを開始するキックオフイベントとして、SAP Startup Forum Tokyoを、2012年8月29日(水)にSAPジャパン半蔵門本社にて開催します。
本イベントにて、SAP Startup Focus Programへの参加をご検討いただいている企業に対してSAP Startup Focus Programの詳細を説明させていただきます。

SAPジャパンではSAP Startup Focus Programを通して、「リアルタイム」「モバイル」「クラウド」「ビッグデータ」「ソーシャルネットワーク」といった課題に取り組む新興企業を支援し、SAP HANA上で稼働するアプリケーション開発を成功へ導くとともに、優れた起業家および新しい創造力の育成支援に取り組みます。

以上

Tags: