SAPジャパン、Windows 8に対応したSAPのモバイルアプリを発表

2012年11月26 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、Windows 8対応のSAP®モバイルアプリ6種類を年内に提供開始することを発表しました。これらのモバイルアプリは全て日本語に対応し、日本語ユーザーインターフェースも備えています。同時に、SAP® Mobile Platform注)におけるWindows 8ソフトウェアの開発をサポートします。また、Windows 8対応版のモバイル・デバイス・マネジメントのSAP® Afaria®(エス・エー・ピー・アファリア)を本日より提供開始します。
新しいモバイルアプリの投入、プラットフォーム・サポート、セキュリティ強化により、SAPでは、ビジネス・プロセスをWindows 8にも拡大し、さまざまな形態のデバイスを活用して事業運営をスピーディーに改善できることを目指しています。

注)Sybase® Unwired Platformは、現在、SAP Mobile Platformと製品名が変更されています。

Windows 8用SAPモバイルアプリ

現在、日本語化して提供しているSAPのモバイルアプリは33個ありますが、SAPジャパンでは、今回、研修、採用、営業などのエンタープライズ機能を中心としたWindows 8用ビジネスアプリ6種類を年内にWindows StoreおよびSAP® Storeからダウンロードする形で提供開始する予定です。提供予定のモバイルアプリは以下のとおりです。

  • SAP® WorkDeck-さまざまな情報源やプロセスを文脈で統合し、役割ごとに一覧にまとめることができる新しい個人主導型のアプリです。例えば、社員用には、申請を提出する、スケジュールを確認する、進捗をチェックするなどの機能があり、マネージャ用であれば、どこにいても、出張や休暇、購入などの申請に対応できます。
  • SAP® Manager Insight-社員プロフィールのアプリで、マネージャーは、多様性、人数、人材の分布状況、社員プロフィールなどの重要データにアクセスし、各社員の十分な情報に基づいた人事やプロジェクトチームなどを構成する際のコラボレーションを推進する人事を行えるようになります。
  • SAP® Learning Assistant-研修用アプリで、オンライン研修がいつでもどこでもオンデマンドで利用できます。コンプライアンスや職務に関連して必要となる研修を便利に受講することができます。
  • SAP® Interview Assistant-採用アプリで、面接のスケジューリングという面倒な作業を簡単に行うことができます。採用候補者の情報を確認したり、メモの準備、結果の記録、人事部門への報告なども簡単にできます。
  • SAP® Customer Financial Fact Sheet-お客様プロフィールのアプリで、顧客口座担当の役職者が財務データやインボイス、大事な発注などにリアルタイムでアクセスできます。
  • SAP® GRC Policy Survey-ガバナンス、リスク、コンプライアンスの方針管理用のアプリで、会社の方針が変化したとき、変更を社員に周知徹底する、方針をきちんと理解していると簡易テストで確認することができます。

これらのアプリでは、ズームやタイル、スナップモードなど、新しいWindowsのユーザーインターフェース機能とタッチ機能が利用可能で、SAPデータを簡単に取り扱うことができます。Windows 8用SAPモバイルアプリは、購入前にダウンロードして動作確認することも可能です。

Windows 8用とWindows Phone 8用のアプリのSAP Mobile Platform

SAP Mobile Platformでは、Windows 8用とWindows Phone 8用のモバイルアプリを開発・展開できるようにサポートすることが予定されています。Microsoft関連では開発者の大規模コミュニティがありますが、彼らがVisual Studioを使い、HTML5やJavaScriptで簡単にアプリを作れることを目指しています。また、SAP Mobile Platformサービスにアクセスしてセキュリティや認証の改善、ユーザ/デバイス/アプリのプロビジョニング、プッシュ通知などに対応し、一つのプラットフォームから、さまざまな形態のデバイスで同じユーザ体験を提供できるようにしたいと考えています。セキュリティに優れたアプリの開発を簡単にするため、SAPでは、Windows 8のログインと認証に対応したライブラリをリリースし、複数のオプションをアプリに用意できるようにする予定です。SAP Mobile Platformにつながる形で、アプリからSAPアプリやSAP以外のアプリにアクセスできるようになります。また、エンタープライズグレードの高いセキュリティ、ポリシーやアクセスの管理、アプリのライフサイクル管理なども提供することができます。このモバイルプラットフォームは高可用性のアプリ用インフラストラクチャを提供し、いつでもどこでも、ナレッジワーカーが高い生産性を発揮できるようにするものです。パートナー各社がWindows 8用アプリの開発を始められるようにすることも目的の一つとしています。SAP Mobile Platformについては、開発者向けトライアルをSAP® Community Networkで配布中です。

SAP AfariaもWindows 8対応でエンタープライズ・セキュリティの強化を

モバイル・デバイス・マネジメントの業界をリードするSAP AfariaのWindows 8対応版が本日より提供となりました。SAP Afariaを利用すれば、モバイル環境のセキュリティを高め、Windows 8のデバイスやコンテンツ、アプリを守ることができます。このSAP Afariaは、Windows 8に対応したインテルベースのタブレットをフルサポートしています。

SAPでは、このほか、Windows RTおよびWindows Phone 8に対応したアプリの開発も計画しています。

以上

Tags: , ,