SAPジャパン、基幹データからソーシャルデータまで、顧客情報の一元管理を可能にするSAP Master Data Services 1.0を提供開始

2013年1月16 日 by SAP News 0

社内のあらゆる部門におけるビッグデータ活用を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下
SAPジャパン)は、ビッグデータ活用を実現する顧客情報のマスターデータ管理ソリューション「SAP Master Data Services 1.0」を本日より提供開始します。

SAP Master Data Servicesは、マーケティングを強化している企業や一般消費者向けビジネスを展開する企業を主な対象としたソリューションです。この1つのソリューションだけで、企業が持つERPやCRMのデータはもちろん、TwitterやFacebookをはじめとするソーシャルネットワークソースからのデータも含めた顧客情報を一元的に管理することができます。

昨今、ビッグデータの活用が注目される一方、複合データを一元化し、活用するための整備は追い付いていないのが現状です。SAP Master Data Servicesでは、企業に散在するデータを統合し、さらに重複排除機能により、クリーンな顧客データを生成することができます。あらゆる視点から顧客の行動と嗜好に関する洞察を取得し、従来システムの顧客情報も統合して一元化できるため、より親密で長期的な顧客との関係構築を図ることができます。

また、SAP Master Data Servicesは超高速インメモリーデータベースであるSAP HANA®を基盤としているため、ストレスなくデータを処理できるだけでなく、ビジネスアナリティクス製品やデータ品質の可視化ツールであるInformation Stewardの機能も備えています。マスターデータ管理者、情報システム部門、営業部門、管理部門など、社内のあらゆるユーザー向けの画面が用意されており、各ユーザーが必要な視点で顧客情報をリアルタイムに活用することができます。さらに、iOS端末やAndroid端末をはじめとするモバイル端末にも対応しています。

以上

Tags: ,