アビーム、ITによる不動産経営の「見える化」支援次世代サービス

2013年1月31 日 by SAP News 0

SAPアプリケーションを使った「アビーム不動産管理ソリューション」をクラウドにて提供開始
精度の高い情報の活用により不動産経営の意思決定を支援

Tokyoアビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下
アビームコンサルティング)は、大手デベロッパー、不動産ファンドアセットマネジメント会社、中小不動産企業など不動産を所有・管理するあらゆる企業に向けて、不動産経営をより「見える化」し、業務効率、経営効率を向上させる管理システム「アビーム不動産管理ソリューション」をクラウドサービスとして提供開始します。

「アビーム不動産管理ソリューション(ABeam Cloud RE Solution/略称:ACRES)」は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)が提供する基幹業務ソフトウェア「SAP®ERP」をベースに、アビームコンサルティングが長年培ってきた不動産業界への知見や業務改革支援の経験に基づいて開発したソリューションで、経営に関わる全ての不動産の情報を集約、同一基準のもとで評価することを可能にするサービスです。クラウドで提供することで、同等のシステムを自社で構築・運用するのに比べ、標準的なケースにおいてシステムにかかるコストを、10年間で約39%(5年間では47%)低減することが可能であるとアビームコンサルティングでは試算しています。本サービスを活用いただくことで、大きな投資をすることなく低コスト、短期間で不動産管理業務の土台を構築することが可能です。

不動産管理業務は、ビル・建物の企画立案から工事進捗管理などの開発管理、竣工後の物件管理、賃貸借契約管理、債権・債務管理、固定資産管理、収支管理や投資評価など多岐にわたります。また、各業務で取り扱う情報量も多く情報収集や分析業務が膨大で、間接業務コストの肥大化や意思決定までに時間がかかってしまうケースが発生していました。本サービスにより、迅速な意思決定の支援を行います。

【「アビーム不動産管理ソリューション」の特長】

1.幅広い業務の一元管理により、管理業務の効率化とコスト削減を実現


・物件や契約の管理といった日常業務向けの機能に加え、不動産業界特有の複雑な賃料計算処理、ビルメンテナンス業務、固定資産管理など従来の不動産管理システムと比較し、より広範囲の業務内容をカバーしています。また様々な会計システムとの自動連携も柔軟に対応することができます。

・経営判断のために必要な各種情報の分析・取りまとめを行うレポーティング機能のほか、不動産管理業務に関する情報を一元的に管理することで、各種データの正確性を担保し、外部への開示資料の品質を確保します。

それぞれの業務領域を有機的にリンクした設計としたため、これまで各業務領域でシステムが分断されていた場合と比較し、業務の効率化およびコスト低減に加え業務品質の向上を図ることができます。

2.情報をリアルタイムに見える化し迅速な意思決定を支援

・アビームコンサルティングの豊富な導入実績から導き出された不動産管理業務で把握すべきKPIやポイントを見える化し、不動産評価を効果的・効率的に行います。

・レントロール(賃貸条件一覧表)や物件別収支の情報を用いた分析などの際、操作性が高く、グラフィカルに表示することで、迅速な意思決定が可能になります。

3.利用範囲やニーズに応じ柔軟かつ信頼性の高いシステムを提供

 本サービスは、グローバルで豊富な導入実績を持ち信頼性の高いERPパッケージである「SAP®ERP 」をベースに、事業特性や保有不動産のアセットタイプに合わせて業務効率化やレポート作成の負荷を軽減するための機能強化を行います。豊富な機能を備えていますが、各企業のニーズに合わせ柔軟に必要な機能だけを提供可能です。また試用しながら段階的に導入の範囲を広げることができるので、企業の状況や事業の変化に合わせ柔軟に利用することが可能です。

不動産業界をはじめ不動産を保有する企業一般、また従来の手法で効果が得られなかった企業を対象に、2013年度に10社への導入を目標としています。価格、導入期間は、利用するサービス範囲・企業規模により異なりますが、月額利用料として50万円から、導入期間は最短で2ヶ月からを想定しています。

【提供の背景】

国内市場の縮小、市場のグローバル化、業種横断的な新しい産業の活性化など経営環境の変動が激しい昨今、企業は事業の選択と集中を行うことでより一層の効率化を求められています。このような背景のもと、企業に関わる不動産は、「所有」するものから「運用」するものへと役割を変え、新たな事業戦略、収益拡大への貢献を期待されています。

また、環境の変化や事業の成長に応じて契約形態も多様化し、不動産売却・建て替えのタイムリーかつ適切な判断も迫られるなど、情報の収集、分析に伴う業務がこれまで以上に複雑化しています。さらには震災以降、電力価格の高騰や継続的な節電・省エネ対策などエネルギー問題も経営課題となっており、より正確な予実管理やシミュレーション機能も求められています。

【ご参考:アビームコンサルティングの不動産業界向けサービスについて】

アビームコンサルティングでは、これまで不動産を保有・管理する企業やファンド運用会社に対し、基幹システム構築に加え、営業力強化、リスク管理、エネルギーマネジメント、海外展開支援など様々な領域において幅広くコンサルティングサービスを提供してきました。今回、継続的に業務を支援する「クラウド版アビーム不動産管理ソリューション」を新たなサービスとしてラインナップに加え、ITの面からもサービスの拡充を図ることで、厳しい経営環境に直面する不動産業界のさらなる成長を引き続き支援していきます。

Tags: , , ,