SAPジャパン、クラウド事業に本格参入

2013年6月5 日 by SAP News 0

幅広いクラウドのポートフォリオをSAP HANA® Cloud Platform上に統合し、あらゆる規模の企業にサービスを提供

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は本日、クラウド事業への本格参入を発表しました。SAPジャパンは、今回のクラウド事業への本格参入に伴い、クラウドファースト事業本部を新設し、幅広いクラウドのポートフォリオの基盤をSAP HANA® Cloud Platformに統一し、あらゆる規模・業種の企業の変革をご支援します。

SAPでは幅広いクラウドアプリケーションのポートフォリオを提供しており、クラウドアプリケーションのユーザー数は2,900万人以上で、世界最大の導入実績を誇ります。SAPがこれまで培ってきた国や業界固有の専門知識をクラウドの世界に持ち込むことで、市場とユーザーを深く理解した圧倒的なユーザーエクスペリエンスを実現しています。

すべての業務別クラウドアプリケーションは、SAPの統合クラウド戦略の一環として、最終的にはSAP HANA Cloud Platformに移行することになります。 SAP HANA Cloud Platformが共通基盤となることで、クラウドアプリケーション群はクラウドアプリケーション間の統合ならびに自社システムとの統合が可能です。また、オープンな標準技術にもとづいた拡張開発機能がクラウドで提供されることによって、クラウドアプリケーションに対して独自の拡張を行うことが可能です。それによってビジネス部門もIT部門も一様に、クラウドによる柔軟かつシンプルな運用を最大限に活用できます。

SAP HANA Cloud Platform上に統合された新たなSAPのクラウドのポートフォリオは、柔軟性と最小限のTCOを実現し、お客様はこれまでの既存システムへの投資を有効活用しつつ拡張を図ることができます。柔軟性、選択、コスト削減といった、ビジネス成長のためのイノベーションに必要なものをクラウドで得ることができます。また、パブリッククラウド、マネージドクラウド、ハイブリッドという、複数の導入環境を選択することができ、あらゆる企業のニーズの変化に対応できるようになっています。

SAPのクラウドのポートフォリオは下記の通りです。

1)目的別のクラウドアプリケーションによって、さまざまな業務部門に対応
SAPは現在、以下の4つの最重要分野を対象に、パブリック・クラウド・ソリューションを提供しており、日本市場においても全ての分野で展開していきます。
• People:SAP子会社のSuccessFactorsが提供するソリューション。人に関する戦略や洞察を与え、人々が自らの仕事に責任と自信を持つことができます。
• Money:SAP® Cloud Financials(旧称SAP Financials OnDemand)、SAP® Cloud for Travel(旧称SAP Travel OnDemand)、SAP Business ByDesign®などのソリューションがあります。企業全体を通じ、従業員一人ひとりが財務に関する洞察を直感的かつリアルタイムで得ることができ、グローバル企業としての、コンプライアンスにもとづく会計・財務報告が可能です。日本での提供開始は今年の夏以降順次予定しています。
• Customer:SAP® Cloud for Sales、SAP® Cloud for Service、SAP® Cloud for Marketing、SAP® Cloud for Customer(旧称SAP Customer OnDemand)など、コラボレーションとネットワークを活かし、洞察の得られるソリューションです。ユーザー中心の設計により、操作性が優れており、対顧客業務の担当者は、すべてのカスタマーエンゲージメント(顧客対応)業務をより有意義でパーソナルなものとし、差別化を図ることができます。日本での提供開始は今年の夏から順次予定しています。
• Supplier:SAP子会社のAribaが、業界をリードするクラウドベースの調達や請求処理のアプリケーションと、世界最大のWebベースによるトレーディングコミュニティを統合して提供します。企業各社は、パートナーのグローバルネットワークとの連携やコラボレーションをより効率的・効果的に行うことができます。

2)Ariba® Networkを通じ、100万社以上の企業ネットワークに参加
SAPは、世界最大規模のビジネス・トレーディング・ネットワークであるAriba Networkへのアクセスを提供します。Ariba Networkは、企業間の連携とプロセスの自動化のための効率化を実現するマルチ・エンタープライズ・プラットフォームです。また、社内のコラボレーションに伴う手間やコストをなくすだけでなく、真にオープンなネットワーク型モデルのみで得られる独自の機能や洞察をもたらします。さらに、SAP HANA Cloud Platformによって、そうした情報を、適切な場所にいる適切な人材に、これまでにないほど迅速に提供できます。

3)SAP HANA Enterprise Cloudによって、妥協のない形で、短期間に価値を実現
SAP HANA Enterprise Cloudは、SAP HANA対応のSAP® Business Suite、SAP NetWeaver® Business Warehouse(SAP NetWeaver BW)および各種アプリケーションの導入の基盤となる、リアルタイム処理の持つパワーと、クラウドのシンプルな運用を組み合わせたマネージドクラウド製品です。これにより、25業種のお客様は新たな導入オプションとして、SAP HANA対応のミッション・クリティカル・アプリケーションおよび新規アプリケーションを、オンデマンドで利用可能なペタバイト規模のマネージド・クラウド・サービスとして利用し、短期間で価値を実現できるようになります。

4)SAP HANA Cloud Platformによって、ビジネスの変化にリアルタイムで対応
SAP HANA Cloud Platformは、SAP HANAをベースに開発された業界唯一のクラウドプラットフォームで、アプリケーションの開発・統合サービス、データベース・分析サービス、基本サービスで構成されており、SAPのクラウドのポートフォリオ全体の共通基盤となります。SAPは、お客様がビジネスの変化を迅速に感じ取り、分析し、対応できるようサポートすることで、継続的なイノベーションをリアルタイムで実現することを目指しています。SAP HANA Cloud PlatformはSAP、既存のオンプレミス型アプリケーションやクラウドアプリケーションへの拡張機能を統合・開発することも可能です。
SAP HANA Cloud Platformは、SAP HANA Enterprise Cloudの必要不可欠な一要素です。

5)ソーシャルコラボレーションを通じ、人々を結集させることでビジネスに関する複雑な問題を解決
SAP® Jamは、前年比850%の成長を誇るソーシャルプラットフォームです。人々の勤務場所・勤務体系にソーシャルコラボレーションの要素を取り入れることで、お客様、パートナー、社員と情報、アプリケーションを結びつけ、ビジネスに不可欠な問題を解決し、成果を導き出します。こうしたメリットはすべて、モバイルデバイス上のビジネスアプリケーションやSAP® Jamによって得ることができます。共通のクラウドアーキテクチャに対するSAPの統合戦略に呼応する形で、SAP HANAによって強化されたすべてのSAPソリューションには、ソーシャルコラボレーション機能の導入を予定しています。

SAPジャパンでは、クラウド領域の成長戦略として、SAP HANA Cloud Platformを開発者に提供し、SAPのお客様、パートナー様に革新をもたらすエコシステムを拡大していく予定です。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国238,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。( www.sap.com/japan

Tags: , ,