SAPジャパン、SAP® Sybase® SQL Anywhere®のクラウド版、SAP® Sybase® SQL Anywhere®, on-demand editionを提供開始

2013年9月20 日 by SAP News 0

SAP® Sybase® SQL Anywhere®のセキュリティ、柔軟性、自己管理性をクラウドに応用、ISVの求めるクラウドデータベースソリューションを実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、SAP® Real-Time Data Platformの重要要素のひとつである自己管理型データベース「SAP® Sybase® SQL Anywhere®(エスエーピー・サイベース・エスキューエル・エニウェア)」のクラウド版「SAP® Sybase® SQL Anywhere®, on-demand edition(エスエーピー・サイベース・エスキューエル・エニウェア・オンデマンド・エディション)」を本日より提供開始します。

これにより、SAPはSAP® Real-Time Data Platformの可能性をさらに拡大したことになります。
SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは、自社の製品ポートフォリオにクラウドを加えたいと考えているISV (インデペンデントソフトウェアベンダー) のための、クラウドデータベースソリューションです。この新製品は、ISVのアプリケーションの要件や顧客ニーズに対応するには既存のクラウドデータベースソリューションでは不十分と感じていたISVにとって、革新的なソリューションです。ISV自身によるクラウドアプリケーションの構築、展開、運用・管理を実現し、クラウドのスケールによる経済性のメリットを享受することができます。

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは、全顧客のデータを一つのデータベースで管理するのではなく、プライベート、パブリック、あるいはハイブリッド環境のどのアプリケーションのホスティングにも対応する、柔軟性を持ったアイソレートマルチテナンシーのアーキテクチャーを採用しています。これにより、ISVは、クラウドサービスで課題となる企業のセキュリティ規定や、国や国際上の法規制に準拠した、セキュリティの高いサービスを顧客に提供することができます。

アプリケーションをクラウドサービスで使用できるようにするのは容易ではありません。クラウドプラットフォームに最適なアプリケーション設計が必要です。SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは、SAP Sybase SQL Anywhereの自己管理性の高さをクラウドに応用した、実績豊富で成熟したデータベーステクノロジーをベースに構築されています。そのため、何千もの顧客別データベースを単一の統合コンソールで容易に管理することができます。

ISVは、SAP Sybase SQL Anywhereという同じデータベーステクノロジーを使用して、アプリケーションをon-premise、on-device、そしてon-demandで配備・展開することができ、開発、サポート、運用・管理をシンプル化してコストを削減することができます。

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionの主な機能は、以下のとおりです:



  • リレーショナルデータベースとしてのフル機能をSaaSアプリケーションで利用可能


  • ロードバランスやアイソレーションのために最低限の中断でテナントを移動


  • テナント毎のカスタマイズが可能なアトミック型テナントデータベース


  • 分離されたデータベースにより、テナント毎のデータレギュレーションに準拠した管理が可能


  • 同じクラウド上で複数のバージョンのソフトウェアを稼働させるためのプロビジョニングが可能


  • 柔軟なタスクモデルにより、単一あるいは複数のテナントの実行を管理


  • テナント数にもとづくスケーラビリティ


  • ISVにフォーカスしたツール類 – データクラウドを意識したオペレーションを提供

現在SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand editionは、WindowsとLinuxプラットフォームで提供可能です。

製品の詳細については、以下をご参照ください。
http://www54.sap.com/pc/tech/database/software/sybase-sql-ondemand/index.html

http://scn.sap.com/docs/DOC-31795

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国248,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan