【参考資料】SAP、ガートナー社の市場調査レポートでオペレーショナルデータベース管理システムのリーダーに選ばれる

2013年11月29 日 by SAP News 0

(本リリースは、11月13日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は、SAP HANA®プラットフォーム、SAP Sybase Adaptive Server Enterprise(SAP Sybase ASE)、およびSAP Sybase SQL Anywhereスイートの評価に基づき、米国調査会社ガートナー社の最新レポート「オペレーショナルデータベース管理システムのマジッククアドラント(Magic Quadrant for Operational Database Management Systems)」において、同分野のリーダーに位置付けられました。SAPは「実行能力」と「ビジョンの完全さ」の両方において市場リーダーと認められました。

ガートナーは同レポートの中で次のように述べています。「リーダークアドラントには通常、多様なデータタイプと多数の同時接続ユーザーをサポートする、幅広い業務アプリケーションへの最大限のサポート提供を行ってきたベンダー企業が含まれます。このようなベンダー企業への顧客満足度は一貫しており、強力なカスタマーサポートを提供しています。また業界で歴史が古く、自社製品に関して幅広いパートナーによるエコシステムを構築してきました。したがってリーダークアドラントに属する企業は、パフォーマンス、拡張性、信頼性、およびサポートにおいて、顧客に与えるリスクは最小限となります。また、市場ニーズの変化に合わせ、現在の市場ニーズだけでなく、新しく起こりつつあるトレンドもサポートできる確固たるビジョンを示しています。企業のメッセージ、製品の研究開発および提供は、今日の市場や、DBMSソフトウェアおよびハードウェアの両方の技術の新しいトレンドにあったものになっています」

SAPのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントであるダン・ラール(Dan Lahl)は下記のように述べています「お客様からは、今日の重要な事業目標を達成すると共に自らの持つ能力を将来に向けて強化するため、SAPの拡張性に富んだ、信頼性の高い、また回復力に優れたオペレーショナルデータ管理ソリューションが利用される機会が増えてきています。SAPは卓越したパフォーマンス、拡張性、および信頼性を長期的に確保する、ワールドクラスかつインテリジェントなオペレーショナル・データベース・ソリューションの提供をコミットしています。今回のガートナー社からの認定は、この分野におけるSAPの継続する勢い、方向性、およびリーダーシップを改めて実証するものです」

SAP HANAとSAP Sybase ASEは、SAPのデータ管理のビジョンと方向性のコアとなります。SAP HANAは2年前に市場に投入されて以来、2,200社の企業顧客と1,000社を超えるスタートアップ企業および独立系ソフトウェアベンダー(ISV)を獲得してきました。過去18か月をとってもSAP Sybase ASEは1,000社を超える新しいお客様から選ばれました。またSAP® Business Suiteソフトウェアと組み合わせることにより、SAP Sybase ASEはこの期間に大きな勢いを見せ、急速にお客様に普及しました。SAPはさらにグローバル1000リストのお客様に、SAP HANAとSAP Sybase ASEとを組み合わせたソリューションを提供し、大規模な企業や組織におけるSAP Business Suiteおよびカスタムアプリケーションへの移行、新たなトランザクションレベルへの拡張し、またそれぞれのタイミングにおけるクリティカルな意思決定を支援しています。

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国251,000社以上の顧客企業に利用されています。
詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: