SAPジャパン、さまざまな業務で3Dコンテンツの活用を可能にする「SAP® 3D Visual Enterprise」の最新版を提供開始

2014年4月25 日 by SAP News 0

スタッフの早期育成、作業品質の向上、ビジネスのスピード化をグローバルレベルで支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、3D CADモデルと業務データを統合し、複数の拠点や業務部門間でコンテンツの作成、編集、活用を可能にする3D データ活用アプリケーション「SAP® 3D Visual Enterprise(エスエーピー・スリーディー・ビジュアル・エンタープライズ) 8.0」を発表しました。3Dアニメーションの作成や画像のレンダリングを行うことのできる「SAP 3D Visual Enterprise Author」と3Dアニメーションによる作業手順を再生・表示する「SAP 3D Visual Enterprise Viewer」は本日から、3D CADデータから軽量なファイルフォーマットへの変換や画像コンテンツの作成を自動化するサーバーアプリケーション「SAP 3D Visual Enterprise Generator」は5月から提供を開始します。

昨今、製造業において3D CADは多くのベンダーから提供され、普及が進んでいます。しかし、3D CADデータは非常に大容量のため、他部門の業務に活用できる情報が多数含まれているにも関わらず、容易に共有することが難しく、設計部門での利用に限られているのが一般的です。

SAP 3D Visual Enterpriseは、3D CADを一般のPCやタブレット端末でも利用できる軽量なファイルフォーマットに変換します。これにより、設計・開発部門だけでなく、製造部門や営業部門、保守・サービス部門やマーケティング部門など、企業のあらゆる部門にわたる幅広い業務で、部品表、製品や部品の仕様、全体構成図、形状といった3Dコンテンツを簡単に活用することができます。

SAP 3D Visual Enterpriseを利用することで、作業手順の3Dアニメーション化や、製品や部品のビジュアル表示といった視覚的なコミュニケーションが行えるため、熟練したスタッフではなくとも教育を早期に行うことが可能になります。また、設計部門から後続部門への製品情報の引き渡しもスムースに行えるため、ビジネスのスピードも加速できます。海外展開においても、言語や文化の異なる現地スタッフに対して、3Dアニメーションで視覚的に作業指示を行えるなど、スピード化はもちろん、グローバルで作業品質を向上することが可能になります。

SAP 3D Visual Enterpriseでは、このような3Dコンテンツの活用を可能にするだけでなく、SAP® ERPなどの業務システムに組み込んで一元管理・運用することができます。そのため、設計・開発からアフターサービスにいたるまで、業務プロセスと完全に連携した3Dデータの活用が可能です。

SAP 3D Visual Enterprise 8.0の主な新機能は、以下の通りです。

既存のPDM環境をそのままに3D CADデータの活用が可能
SAP 3D Visual Enterprise Generatorを強化し、サードパーティー製のPDM(Product Data Management)から直接CADデータを取得することが可能になりました。これにより、既存のPDM環境をそのまま維持しながら、SAP 3D Visual Enterpriseで3D CADデータを活用することが可能になります。

2Dデータにも対応
SAP 3D Visual Enterprise Authorが強化されたことで、3Dデータだけではなく2D CAD図面や画像データの活用が可能になりました。2Dコンテンツと業務データとをインタラクティブに連携させ、2Dグラフィックスの国際標準フォーマットであるCGM(Computer Graphic Metafile)形式のファイルで出力できます。CGMファイルはSAP 3D Visual Enterprise Viewerで表示・操作することが可能です。また、SAP ERPに保存された3Dデータから直接SAP 3D Visual Enterprise Authorに読み込んで編集し、そのままSAP ERPに保存することが可能になりました。これにより、3Dデータの読み込みから編集、保存の作業をワンストップで行うことができます。

Windows 8タブレット対応
SAP 3D Visual Enterprise ViewerがWindows(Windows 7以前)、iPad、Androidに加え、今回、Windows 8タブレットでのピンチイン/アウトによる拡大/縮小などの操作に対応しました。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: