SAPジャパン、輸送管理と拡張倉庫管理ソフトウェアの最新版を提供開始

2014年5月22 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、輸送管理ソフトウェアと拡張倉庫管理ソフトウェアの最新版である「SAP® Transportation Management(以下、SAP TM) 9.1」と、倉庫管理ソフトウェア「SAP® Extended Warehouse Management(以下、SAP EWM) 9.1」を本日から提供開始することを発表しました。

SAP TMは、トラックを含む国内輸送や、陸上・海上・航空のマルチモードの国際輸送などあらゆる輸送を対象に、計画から実行、追跡、決済までのプロセスを管理する世界標準の輸送管理ソフトウェアで、荷主、フォワーダー(貨物利用運送事業者)、キャリアのいずれの企業も利用することができます。

最新版のSAP TM 9.1では、鉄道輸送特有の要件に対応するイノベーションが荷主とキャリア双方に提供されています。また、購入側と販売側両方の立場から、輸送契約を締結するための分析・見積もり依頼および見積もりのコラボレーション・輸送契約作成に対応する戦略的輸送契約管理まで機能が拡充しています。さらに、コラボレーションポータル画面を利用することで、荷主、物流サービスプロバイダー(LSP)、フォワーダー、キャリア間で輸送契約や輸送オーダーの見積依頼・見積や輸送費請求情報等をリアルタイムにやり取りすることが可能です。積載最適化機能、小荷物管理機能が追加され、SAP HANA®にも対応しました。

SAP EWM は、倉庫敷地内で発生する配送品目管理、在庫受入、検品、開梱、移動、入庫などの入荷プロセスから、棚卸、在庫計算や補充計画を含めた庫内プロセス、オーダー展開、荷物のピッキング(仕分作業)、梱包、キッティング、積載や出庫を含めた出荷プロセスまでを効率化する包括的な倉庫管理ソリューションです。また本ソフトウェアは、原材料、部品、半製品、梱包材、製品、重量や長さを基本とする不定貫品目など多様な取扱品目に対応しています。

最新版のSAP EWM 9.1では、最新のイノベーションを通じ、計画・調達・輸送・配送の各業務を、これまで以上の高水準で行うことが可能です。具体的には、出荷コックピット画面による出荷の計画・実行・モニタリング、先進的な予測分析機能を備えたSAP HANAに対応した労働需要計画、品質管理機能との強力な連携機能が用意されています。

また最新版においてSAP EWMとSAP TMとの直接連携機能が加わったことで、SAP TMのデータを活用してSAP EWMで効率的な配送プロセスや効果的な倉庫計画を立案することができます。これによって、荷物を輸送するトラックのルートによって、積み付け(積荷のバランスや積む順番など)のシミュレーションや積載作業のプランニングを効率化します。また、出荷コックピット画面の連携により、運送業者が事前にトラックの荷卸しを行うドックの指定予約ができるようになりました。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: