SAPジャパン、ソフトバンク コマース&サービスと新たにディストリビューション契約を締結

2014年6月18 日 by SAP News 0

アナリティクス、データベース、モビリティなどのプラットフォーム製品の販路を拡充

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、本日、ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下ソフトバンク コマース&サービス)と、ディストリビューション契約(新プログラムAuthorized Resellers Program)を締結しました。今後、ソフトバンク コマース&サービスは、「SAP® PartnerEdge® Authorized Resellers Program」の認定リセラーを通じて、SAPのプラットフォーム製品(アナリティクス、データベース、モビリティなど)などを販売します。

SAPは、2013年より、独立系ソフトウェア企業や中小規模企業への販路拡大を目的とした新たなグローバル・パートナー・プログラムとして、SAP PartnerEdge Authorized Resellers Programを開始しました。本パートナープログラムでは、ディストリビューターと呼ばれるパートナー企業が、SAPのプラットフォーム製品の販売や導入支援を行う認定リセラーの拡大と、その認定リセラーを通じたこれらの製品の販売促進を行います。このたび、SAPジャパンは、このディストリビューション契約を、日本国内の事業者として初めて、ソフトバンク コマース&サービスと締結しました。SAPジャパンでは、間接販売比率の拡大を目指し、今後もパートナー企業の拡充を図っていきます。

ソフトバンク コマース&サービスは、これまでもSAP® Crystal Reports®やSAP® Sybase® SQL Anywhere®などの製品をパートナーとして販売してきました。今回のディストリビューション契約の締結により、日々の業務データを集計・分析するBIツールのSAP® BusinessObjects™、リアルタイムでの分析を可能にするインメモリーデータベースSAP HANA®などのプラットフォーム製品を幅広く取り扱えるようになったことで、ビッグデータ分析やモバイル向けソリューションなど、お客さまの幅広いニーズに対応できるようになります。

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 代表取締役社長兼CEO 溝口氏は、次のように述べています。
「このたびの、SAPジャパン株式会社様との新しいディストリビューション契約締結を大変喜ばしく思います。ICT関連製品・ソリューションに関する当社の幅広い流通網を通じ、ビッグデータ・モバイル・アナリティクスといった今後ますます重要となるプラットフォーム製品の拡販に向けた協業が促進され、多くのお客様の成長戦略に寄与できることを確信しております。ソフトバンク コマース&サービスは、今後もSAPジャパン様とのビジネスパートナーとしてのリレーションを更に深め、日本のICT市場の活性化に寄与して参ります」

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: , , ,