SAPジャパン、日本のスポーツ・ビッグデータ市場へ本格参入

2014年7月10 日 by SAP News 0

データスタジアムの次世代サービスにSAP® Cloud powered by SAP HANA®を採用

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、本日、日本のスポーツ・ビッグデータ市場へ本格参入することを発表しました。

SAPでは2013年より、25番目の業種としてスポーツ&エンターテインメント産業へのソリューションを提供しています。すでに大リーグ機構(MLB)、全米バスケットボール連盟(NBA)、
ドイツサッカー連盟(DFB)などのスポーツ統括組織、F1のマクラーレン・メルセデス、アメリカンフットボールのサンフランシスコ49ersなどのプロスポーツチームをはじめ、世界中のメジャースポーツで数多く採用され、チームのパフォーマンス管理や、ファンエンゲージメントに貢献してきました。

SAPジャパンでは、ビッグデータを活用する手法を徹底的にシンプル化することで、スポーツ&エンターテインメント産業に今後数年で多くのイノベーションが起こると考えています。試合または練習中にはかつての数万倍ものデータが取得可能になり、またオンラインでの観戦中にも多くの情報が生成されます。ファンはもとより、プレイヤーやコーチも含めデジタル層へのエンゲージメントは業界のあり方を大きく変える可能性があります。また、スポーツは他の産業におけるベストプラクティスから学べることがあり、同時に他の産業もスポーツの卓越したやり方やシンプルなやり方から多くのことを学び取れます。

日本における最初の取り組みとして、スポーツデータの解析・配信を行うデータスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:加藤 善彦、以下データスタジアム)が開発を進めているサッカー/野球向け次世代サービスにSAP® Cloud powered by SAP HANA®が採用され、イノベーションパートナーとして研究・開発を支援していくことを発表します。

データスタジアムは、データストライカー(サッカー向け)やベースボールアナライザー(野球向け)などのスポーツデータ分析ソリューションを長年にわたり提供していますが、昨今のセンサー技術や映像解析技術の発展を受けて、次世代サービスの研究・開発に着手していました。
サッカー向け次世代サービスでは、リアルタイムにトラッキングした選手やボールの動きに同社独自の指標を掛け合わせたリアルタイムプレー予測の実現を目指しています。野球向け次世代
サービスでは、進行中の試合状況と選手の過去のプレーデータを組み合わせて得失点確率を算出するなどのリアルタイム戦略サポートの実現を目指しています。

同社が目指している次世代サービスでは、過去の膨大なプレーデータと現在進行中のプレーデータを組み合わせながらリアルタイムに予測分析を行います。SAP HANAは実績に裏付けられたその革新性により、同社が目指すサービスをスピーディーかつシンプルに具体化できる点が評価され採用に至りました。

データスタジアムの代表取締役社長 加藤善彦氏は次のように述べています。
「スポーツデータの収集・分析は非常に地道な作業の連続であり、私たちはスポーツ業界における黒子のような存在です。しかしながら、ビッグデータ活用への注目が高まるにつれ、私たちが長年収集し続けてきたデータが、スポーツ業界にさらなる付加価値を生む可能性が一気に広がりました。世界中のメジャースポーツを支援しているSAPと一緒に次世代サービスの開発を行うことで、今まで実現しえなかった新しい価値を創造できると考えています」

データスタジアムは、次世代向けサービスの開発により、近い将来には、スポーツのリアルタイム観戦を今まで以上に面白くするためのファン向け高機能WEBサービスの提供も目指すとしています。

SAPジャパンではこの取組を機に、選手・コーチ・球団・クラブ・ファン、全てのスポーツ関係者がスピーディーかつシンプルにデータを活用してプレーのパフォーマンスやファンエンゲージメントの向上を目指せる環境作りに貢献していきます。

なお7月11日(金)に東京・六本木で開催する「SAP Forum Tokyo」で、サッカー向け次世代
サービスのデモンストレーションを行う予定です。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国258,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: