SAPとFCバイエルンミュンヘン、ふたつのグローバルチャンピオンが協力

2014年8月25 日 by SAP News 0

技術的パートナーシップを通じてスポーツと経済面でのFCバイエルンミュンヘンのゴールを支える

(本リリースは、8月19日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

Tokyoミュンヘンのアリアンツアリーナで行われた初の共同記者会見において、SAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)とFC Bayern Munich AG(以下FCバイエルンミュンヘン)は本日、SAPが同クラブの公式パートナーとして、スポーツアナリティクスとエンタープライズソフトウェアを提供すると発表しました。SAPとFCバイエルンミュンヘンは今後3年間にわたり、同クラブのグローバルなプレゼンス拡大、チーム成績の最大限の向上、およびホームであるミュンヘンと世界中のファンに提供するエクスペリエンス改善のための革新的ソリューションに関連した協力を進めます。

FCバイエルンミュンヘンは今年、「SAP® Customer Relationship Management(SAP CRM)」アプリケーション、およびSAP子会社であるhybris softwareの拡張性に富んだコマースソリューションに関する契約を締結しています。この技術に基づき同クラブはファンとの交流をさらに活性化し、ファンがエクスペリエンスを自分個人のものとすると共に、そのロイヤルティに報いることを目指します。SAPと同クラブはFCバイエルンミュンヘンの国際化戦略について、技術がクラブを支えることのできる、より幅広い協力の可能性がピッチの内外を問わず数多く存在することに直ちに合意しました。特に選手の成績と健康状態のモニタリングに関しては、SAPはSAP HANA®プラットフォームとデータアナリティクスのあらゆる分野にわたるノウハウにより大きな付加価値を提供できると期待しています。

元ドイツチームのストライカーであり、現在はFCバイエルンミュンヘンのCEOを務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)は、次のように述べています。「SAPには当クラブの3つの目標、すなわちグローバルな拡大を促進するためのビジネスプロセス最適化、このチームが健全な状態を維持すると共に最高のレベルでプレイすること、およびファンの皆様に最高のエクスペリエンスを提供することを支える技術が存在します。FCバイエルンミュンヘンは現時点においてすでに世界最高の成績を上げているサッカークラブのひとつです。当クラブが持つこの世界最高の位置付けを、革新的な技術の活用を通じて恒久的なものにしたいと望んでいます。当クラブの成績とその健全な状態はこの目標を達成するうえで極めて重要であり、またそれは私たちのファンにおいても同じです。当クラブは米国の940万人を含め、世界中に2億9,200万人のファンを持っています。スポーツと経済の両方の面での成功に向けて野心的な目標を設定しており、また世界中の人々にインスピレーションを与えたいと考えています」

過去数年間にわたり、SAPはメディア、スポーツ、およびエンターテインメント産業の分野に注力しており、チームと選手の成績を改善し、ファンとの関わりを高め、またリーグや試合地の運営を簡素化する革新的な技術で変革してきました。今日SAPはヨット、ゴルフ、F1レーシング、クリケット、アメリカンフットボール、野球、テニス、バスケットボール、およびサッカーの数多くの著名な組織や協会との協力に成功を収めています。特にサッカーの分野では最近、選手やチームの成績指標の分析に関連して大きな注目を集めました。

SAP SE for Quality, Scale and Supportの執行委員会メンバーであるゲルハルト・オスヴァルト(Gerhard Oswald)は、次のように述べています。「SAPとFCバイエルンミュンヘンとの提携は極めて大きなできごとです。FCバイエルンミュンヘンとSAP HANAのそれぞれのパワーを組み合わせることにより、サッカーをあらゆる面から変革する新たなソリューションの開発が可能になります」

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: