デロイト トーマツ コンサルティングとSAPジャパン、利益創出に直接貢献する戦略的プライシングマネジメントの支援サービスを日本で提供開始

2014年10月8 日 by SAP News 0

Tokyoデロイト トーマツ コンサルティング株式会社(以下、DTC、本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は利益創出に直接貢献する戦略的プライシングマネジメント(Pricing & Profitability Management=PPM)のための支援サービスの提供を本格的に開始します。ソリューションには、「Vendavo」を採用し、デロイトのPPMにおける経営管理手法の知見と実績にSAPのビッグデータ分析ソリューションの技術を組み合わせ、日本市場に展開していきます。

「価格を1%改善すれば、利益は12%改善される」との調査結果※1もあるほど、PPMは企業にとって効果が明確で重要度の高い管理手法とされています。しかしながら、取引データにおける顧客単位、製品単位での管理が必要なことにより、大量のデータ分析が生じるため継続的なPPMの実行は従来困難でした。

両社が取り組むこのサービスでは、SAPジャパンがSAP® Price and Margin Management by Vendavoの日本での販売・サポートを行います。「Vendavo」はグローバルで既に200社以上の導入実績があります。SAPのインメモリープラットフォームのSAP HANA®を採用することにより、短時間で大量の取引データの分析を行い、スカッター分析※2、ウォータフォール分析※3など様々な手法でプライシングの改善を可能にします。また原材料等の外部要因変化による適正価格見直しのためのシミュレーションを短サイクルで行うことや取引ごとのプライシングをルールや可視化によって統制することができます。

一方、DTCは世界で250社以上の実績を持つデロイトのPPMフレームワーク※4を日本に導入し、グローバルのPPMの専門家と知見を集めたCoE(Center of Excellence)チームと協業しながら、「Vendavo」の導入のみならず、価格戦略立案や価格決定のための基準やルール作り、価格統制のための組織改革、業務プロセス改革の支援をします。

以上

【デロイト トーマツ コンサルティングについて】
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、有限責任監査法人トーマツのグループ会社です。DTCはデロイトの一員として日本におけるコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびトーマツグループで有する監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャル アドバイザリーの総合力と国際力を活かし、日本国内のみならず海外においても、企業経営におけるあらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆる業界に対応したサービスで、戦略立案からその導入・実現に至るまでを一貫して支援する、マネジメントコンサルティングファームです。1,800名規模のコンサルタントが、国内では東京・名古屋・大阪・福岡を拠点に活動し、海外ではデロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: