SAPジャパン、ウエアラブル端末利用を実現する拡張現実モバイルアプリケーションの新製品を提供開始

2014年11月6 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、ウエアラブル端末の利用を実現するための拡張現実(AR)モバイルアプリケーションの新製品を本日から提供開始することを発表します。新製品は、倉庫などでのピッキング作業の効率化を図るための「SAP® AR Warehouse Picker(エスエーピー・エーアール・ウェアハウス・ピッカー)」と保守保全作業を支援する「SAP® AR Service Technician(エスエーピー・エーアール・サービス・テクニシャン)」となります。これらのARアプリケーションはハンズフリーの作業を可能にすることで、ユーザーエクスペリエンスと業務の両方をシンプル化し、改善することを目的としています。

SAPのARモバイルアプリケーションは、ユーザーが実行中の作業や使用している環境に集中できるよう、場所を問わずエンタープライズ情報にアクセスできる機能を提供します。また3Dモデルや音声認識、ジェスチャーコントロールなどの機能によって、ユーザーエクスペリエンスをシンプルにするだけではなく、さらに向上します。ARモバイルアプリケーションは、オフィスを離れて作業する人々やサービス担当者にデータへのリアルタイムのアクセスを可能にし、それによってさまざまな業種の企業や機関の効率を高めることを目的としています。

今回提供するSAP AR Warehouse Pickerは、倉庫作業者をターゲットにピッキング指示の受信や品物やロケーションのバーコードを読み取りピッキングの入力を行うための機能を提供し、ピッキングにかかる時間を最適化し、正確にします。また、保守・保全作業者向けのSAP AR Service Technicianは、3D CADデータによる作業手順の参照や、音声メモの記録などの機能を提供することで、リアルタイムで現場にいる作業員に指示を出し、問題を解決します。
それぞれのアプリケーションの詳細な機能は下記の通りです。

SAP AR Warehouse Picker:

  • 倉庫で作業を行う際のスマートグラス経由のピッキング指示の受信、およびバーコードスキャンや音声認識を使った端末へのデータ入力を通じてハンズフリーの作業を実現
  • 認証をシンプル化することにより、スマートグラスを通じてユーザー名、パスワード、あるいはその他の情報を入力する必要のないユーザーエクスペリエンスを提供

SAP AR Service Technician:

  • 保守保全現場のサービス担当者は、作業対象機器の3Dモデルを表示し、作業手順のアニメーションにハンズフリーでアクセス可能
  • 現場で作業しているサービス担当者が、必要に応じて拠点や本部の専門スタッフを呼び出してビデオ通話を行う機能を提供し、リモートでサポートを得ることが可能。これにより、専門スタッフや現場の作業者のリソースやスキルが最適化され、効率化とコスト削減に貢献
  • 音声メモの録音、および再生機能により、サービス担当者が他のスタッフからもアクセス可能な知識ベースを構築が可能
以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: