SAPジャパン、中小企業向けのERPパッケージSAP® Business Oneの最新版を提供開始

2015年1月13 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、本日、中小企業向けに提供するERPパッケージの最新版であるSAP® Business One(エスエーピー・ビジネス・ワン)9.1、およびSAP® Business One, version for SAP HANA 9.1を提供開始することを発表しました。最新版では、生産時のリソース管理や画面インターフェースの詳細なカスタマイズの新機能、複数支店管理の機能が新たに追加されました。さらに、インメモリーデータベースを基盤としたSAP Business One, version for SAP HANA 9.1には、シンプルで使いやすいHTML5ベースのUIアプリSAP® Fioriにもとづいた新規のコックピット機能が追加されました。

最新版のSAP Business Oneの主な特長は下記のとおりです。

【SAP Business One 9.1とSAP Business One, version for SAP HANA 9.1共通】
生産時のリソース管理機能の追加:新規の「リソース」モジュールが導入され、製品生産時の労務や生産用機械などのリソースを管理できるようになりました。リソースマスタデータで労務や機械の日次能力時間を設定し、部品構成表や製造指図で使用するリソースとして指定することでリソースの実行時間を計算し、またリソース原価構成品目を設定できます。これにより、生産における能力のボトルネックをあらかじめ解消し、より正確な製造コストの管理が可能になります。

画面インターフェースの詳細カスタマイズ機能の追加:使用しない画面項目の完全非表示や項目表示位置の変更、タブページの統合・非表示など、会社の業務内容にきめこまやかに対応する画面インターフェースの詳細カスタマイズが、ユーザーレベルで可能になりました。業務に関連する項目を必要な位置に表示することにより、業務効率の向上を強力にサポートします。

複数支店機能の追加:会社内の複数支店を単一の会社データベース内で管理できます。本支店間及び支店間での取引を仕入れと出荷の形式で処理し、また特定のマスタデータを特定の支店間取引に固定することができます。データベースを支店ごとに分割する必要は無く、複数支店に共通のマスタデータを利用することで、情報の一元管理とシンプルで効率的な複数支店管理を実現します。

【SAP Business One, version for SAP HANA 9.1で提供】
ロール別コックピット機能の追加:SAP Fioriコンセプトにもとづいた新規のロール別コックピット機能では、より高度なダッシュボードの表示とダッシュボードからアクションへの円滑な推移が可能になりました。高速インメモリーデータベースSAP HANA®を基盤としたパーベシブダッシュボードを構築し、業務のロール別に見やすく表示できます。複数のダッシュボードを組み合わせた複合ダッシュボードから、さらに別の洞察や伝票起票画面などの別アクションを起動でき、業務の効率化と正確な意思決定を向上させます。

SAPジャパンでは、SAP Business Oneの販売パートナー各社との協業施策に注力し、中小市場におけるビジネスをさらに拡大していきます。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国263,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: