SAPジャパン、自動車業界のビジネス変革を支援するオートモティブ・コンピテンシー・センターを設立

2015年2月13 日 by SAP News 0

グローバルで自動車産業に関するプロジェクトに長期にわたり参画したメンバーによる専任チームを設置し、お客さまのイノベーションを強力に支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、自動車業界のビジネス変革(イノベーション)を支援するため、「オートモティブ・コンピテンシー・センター」を本日付で設立しました。

昨今、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)やビッグデータ、リアルタイムコンピューティングなどのIT革新の波が、製造業に大きなイノベーションの時代をもたらしつつあります。自動車業界においては、より高い社会的責任性、洗練された顧客への新たな価値提案が求められています。また、グローバライゼーションのさらなる拡大とバリューチェーンの複雑化、そして技術革新と増大する製品開発が進む中、新たな課題に新たな解決策で取り組む必要に迫られるなど、競争構造が変わろうとしています。

このたび設立したオートモティブ・コンピテンシー・センターでは、日本の自動車業界のお客様が、大きく変化し続ける環境を事業の成長と変革の機会として捉え、グローバルで成功するために、実績ある先進のソリューションを提供することに加え、お客様と共に日本の製造業のさらなる進化を実現する新たなソリューションの開発を目指します。
本センターは、自動車業界に関する深い知識と経験を持つ海外エキスパートチームと、日本の自動車業界を熟知した日本人社員で構成されるチームのコラボレーションにより構成されています。これにより、自動車産業における幅広い基幹業務については、お客様の要望や環境に即したカスタム開発を含むソリューションを提案し、ビジネスのシンプル化を支援します。また、日本の自動車メーカーの持つアイデアと、SAPがグローバルで培ってきた知見を組み合わせ、グローバルの経験をベースとしながらもお客様が求める価値の実現を支援します。

SAPは、全世界で約6,300社の車両メーカー、サプライヤーを中心とした自動車業界の事業者で実績を有しています。セールス、サービスパーツ、ワランティー、生産管理、管理会計、設備管理、人材管理など、事業全体のバリューチェーンをトータルに支援するためのさまざまなソリューションを提供するとともに、IoTや新世代のリアルタイムコンピューティングが実現するビジネスイノベーションとコネクテッドカーなどに代表される新たなビジネスモデルを支援しています。

SAPジャパンでは、SAPがグローバルで培った経験とノウハウを日本市場に向けて提供するため、部門の垣根を超えた「One SAP」としてお客様を支援する組織体制への再編を進めており、オートモティブ・コンピテンシー・センターの設立もその一環です。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: