SAP、財務計画・分析のシンプル化を支援するクラウドベースの新ソリューションを提供

2015年2月25 日 by SAP News 0

(本リリースは、2月18日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、「SAP® Cloud for Planning」ソリューションの提供開始を発表しました。SAP Cloud for Planningは、クラウド上で提供される新世代プランニングの到来を告げる製品であり、消費者向けアプリ並みの優れた操作性によって、プランニングプロセスのシンプルな業務遂行が可能です。SAP Cloud for Planningは、SAP HANA® Cloud Platform上でゼロから開発された製品です。ソーシャルコラボレーション機能やアナリティクス機能がプランニングプロセス内に直接組み込まれているため、他のアプリケーションに切り替える必要なしに、同一のコンテキスト内で計画や分析、ディスカッションを行うことができます。

Ventana Research社のシニアバイスプレジデント兼リサーチディレクターであるロバート・キューゲル(Robert Kugel)氏は、次のように述べています。「当社が最近発表した、次世代のビジネスプランニングに関する調査の結果では、先進的なアナリティクス機能とコラボレーション機能を備えた、専用プランニングアプリケーションの重要性が浮き彫りとなっています。先進的なアナリティクス機能を活用し、効果的なコラボレーションを実現することと、自社のプランニングプロセスをより素早く正確に遂行することの間に、相関関係が存在することはデータから明らかです」

SAP Cloud for Planningは、テクノロジー主体ではなく、人を中心に据えた未来志向のソリューションとして、ゼロから開発された製品です。財務部門をはじめ、各事業部門のプロフェッショナルは今後、自社のプランニングプロセスの複雑な要素を解消しつつ、全社的な計画と事業部門の計画を短期間ですり合わせ、事実に基づく意思決定によって成果を向上できます。最新鋭のルック・アンド・フィールと、プランニングと分析間の自然なフローを活用することで、待ち時間なく、複数のユーザー間で、さまざまな粒度のプランニングとシミュレーションが可能です。

SAPのプラットフォーム・ソリューションズ・グループ担当プレジデントのスティーブ・ルーカス(Steve Lucas)は、次のように述べています。「当社が目指したものはシンプルでした。消費者向けアプリレベルのルック・アンド・フィールを備え、クラウド上で提供される最新鋭のファイナンシャル・プランニング・ソリューションを開発すること、そして、本来あるべき場所である、プランニングプロセス内で、コラボレーション機能とアナリティクス機能を利用できるようにすることでした。われわれは、クラウド上ですでに提供されているものとは違う何かを、市場に投入したかったのです」

新ソリューションは、ユーザーを中心に考えられているため、分析、プランニング、コラボレーション、情報利用の各プロセスの間で、自然なフローが得られます。インメモリー・プラットフォーム・アズ・ア・サービスであるSAP HANA Cloud Platform上で稼働するため、未来志向のプランニング/分析ソリューションを短期間で利用開始できます。

プランニング・プロセスを全社規模で円滑化しつつ、テクノロジーと業界の両方に精通した専門家の力を借りて、クラウドへの移行に着手したいと考えるお客様を支援するため、SAPサービスでは複数のオプションを用意しています。SAP Cloud for Planningでは、概念実証(PoC)、初期実装、ビジネスプロセス全体の実装という、3種類のクイックスタート型実装オプションを提供します。また、統合に複雑な要件をお持ちのお客様を対象とした、実績あるクラウド・メソドロジー「SAP Launch」による、ライフサイクル全体のオプションとサポートも提供します。

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: