SAP、通信業界向けのコンテクスチュアル・マーケティング・プラットフォームを発表

2015年3月20 日 by SAP News 0

「SAP® hybris® Marketing」ソリューション初の業界特化版が登場、通信業界向けに、よりシンプルで強力な顧客エンゲージメントを実現

(本リリースは、3月3日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

TokyoSAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、「SAP® hybris® Marketing」ソリューションの強化機能のリリース計画を発表しました。これは、通信サービスプロバイダ(CSP)向けに特別設計されたもので、B2C・B2Bの顧客エンゲージメントのシンプル化と、より効果的なマーケティング業務の実現を支援します。

SAP companyのhybrisは、今年2月、顧客データを単一の集中管理ハブに統合し、真のコンテクスチュアル(=状況に即した)マーケティングの能力を存分に活用できる新たなマーケティングソリューションの提供を開始しました。これにより、個々のお客様や匿名の訪問者に関して、状況に応じたリアルタイムのデータが確保できることで、マーケティングチャネルやデバイスの種類に関わらず、顧客のプロセス全体を通じて一貫性と関連性が高く、状況に即したブランド体験を提供できます。通信業界向け機能がSAP hybris Marketingソリューションに加わることで、通信会社のマーケターにとっては、新たな基準が確立すると同時に、現行のマーケティングプログラムを改善しつつ、関連性の高いコンテクスチュアルマーケティングを展開することで、顧客対応の新たな道が切り開かれると期待されます。

SAPの通信業界&モバイルソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのリック・コスタンゾ(Rick Costanzo)は、次のように述べています。「コンテクスチャルデータを通信業界に提供することの戦略的重要性については十分に理解しており、当社は現在、この画期的なソリューションをお客様にお届けすべく、迅速な対応を進めています。コンテクスト(=状況)とは、ビッグデータのやり取りを支える最も重要な考え方であり、大量の顧客データから顧客との1対1の対話を生み出す力を秘めていると考えています。この市況を一変するテクノロジーを通信業界に提供することで、お客様の顧客基盤の拡大を通じた増益の支援が可能になることから、今回の計画には大きな期待を寄せています」

通信業界のお客様と見込み客に関し、全方位のリアルタイムプロファイルを生成
SAP hybris Marketingソリューションは、リアルタイムのコンテクスチュアルデータ(状況に即したデータ)を活用することで、特定のお客様と見込み客の両方について、全方位のプロファイルを更新し続けることができます。こうしたダイナミックなプロファイルは、個々のお客様の過去の行動履歴や、将来の行動予測、その瞬間に最も関心のある物事などを含みます。強力なターゲティングツールを利用することで、マーケターは、Webサイト、電子メール、デジタルサイネージ広告を通じて、パーソナライズされた1対1のキャンペーンで訴求したり、営業電話やサービスコールをしたり、モバイルアプリやモバイルデバイスにプッシュメッセージを送ることが可能です。お客様の行動に応じてリアルタイムかつ自動的にキャンペーンを実施したり、マーケターがキャンペーンの計画やスケジュールの設定をしたりできるほか、マウスを数回クリックするだけでアドホックなキャンペーンの作成もできます。CSP各社は、顧客の獲得・維持で常に戦いを繰り広げており、このような形で洞察、柔軟性、俊敏性が得られることで、今日の市場で存続と繁栄の源泉となる差別化を実現できます。

SAP HANA®プラットフォームをベースとした、通信業界向けのオープンな統合プラットフォーム
SAP Billing and Revenue Innovation ManagementソリューションとSAP Convergent Mediation by DigitalRouteアプリケーションは、SAPの次世代の請求処理支援ソフトウェアの基礎としての役割を担う製品ですが、SAP hybris Marketingソリューションの通信業界特化型の強化機能では、こうした製品との緊密な連携が計画されています。通信会社のマーケターは、業務、ネットワーク、顧客への請求書のデータを単一のアプリケーションに統合することで、真のコンテクチュアルマーケティングの力を存分に活用できるようになる見込みです。SAP hybris Marketingの通信業界版は、CSP各社が顧客データの分析、視覚化、検証を極めて高速で行える設計となっています。

SAP hybris Marketingソリューションは、オープンプラットフォーム上で開発されており、オープンなパートナーエコシステムを促進するものです。クラウドとオンプレミスのいずれのソフトウェア環境への導入にも対応しており、業界をリードする多数のマーケティング・ソリューション・パートナーからは、パッケージ済みの連携機能が提供されます。SAP hybris Marketingソリューションについての詳細は、www.hybris.com/marketingをご覧ください。SAPの通信業界向けソフトウェアについての詳細は、www.sap.com/telecommunicationsをご覧ください。

SAP hybris Marketingソリューションの通信業界特化版は、2015年4月中の提供開始を予定しています。なお、日本における販売時期は未定です。

以上

【SAPについて】
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Tags: ,