A10とSAP、ADCとインメモリーデータベースを連携させたDDoS攻撃可視化ソリューションの実証実験に成功

2015年4月16 日 by SAP News 0

SAP HANA®との連携により、詳細なリアルタイム監視が可能に

TokyoA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)と、SAP ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、このたび、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功しました。

インターネットを流れているパケットの情報は膨大なため、これまでリアルタイムでの可視化を実現するには困難を極めていました。今回、A10とSAPジャパンは、SAPジャパンが運営する共同研究施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)」において、両社の製品を連携し、インターネット経由のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションを共同開発するとともに、その実証実験に成功しました。

具体的には、A10の提供する ADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)「Thunder ADC」と、SAP ジャパンの提供するインメモリーデータベース「SAP HANA®」を連携した「Attack Finder(仮称)」を開発しました。Thunder ADCの独自OSによる柔軟なトラフィックの振り分け機能と、SAP HANAのインメモリーデータベースによる高速処理により、まったく新しいセキュリティソリューションを実現しています。

Attack Finderでは、Thunder ADCがゲートウェイとしての役割をし、定義されてないトラフィックや攻撃を受け取るとSAP HANAに情報を送ります。SAP HANAは、受け取った情報を分析し、SAPのデータ・ディスカバリー・ソフトウェア「SAP Lumira®」と、予測分析ソフトウェア「SAP InfiniteInsight®」を使用し可視化を行います。これにより、パケット量から攻撃者のIPアドレスや発信元まで、サイバー攻撃に関する詳細データの確認および自動分析が可能になります。これらをリアルタイムで行うため、被害が発生する前に即座に攻撃への対策を行うことができます。さらに、ブラウザでも閲覧可能なシンプルなUIと、豊富なグラフ機能を備えたダッシュボードにより、経営層を含めた全社員が攻撃情報を共有できます。

なお、Attack Finderは、SAPジャパンがパートナー企業を表彰する「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2015」で、SAP戦略ソリューション部門の「COILプロジェクト・アワード」を受賞しています。

今後、A10とSAPジャパンは、2015年内の商品化を目標とし、本ソリューションのさらなる開発を進めていきます。

以上

【A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について】
A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキング分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。世界中で数千社にのぼる大企業やサービスプロバイダー、大規模Webプロバイダーといったお客様のデータセンターに導入され、アプリケーションとネットワークを高速化し安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。
A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
www.a10networks.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Tags: ,