総合的な不動産開発・運用を手掛けるNTT都市開発が、SAP HANA®対応ERPの全社導入を決定

2015年6月23 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:牧 貞夫、以下NTT都市開発)が社内の経営情報システムの基盤として、SAPのインメモリープラットフォームSAP HANA®に完全対応した基幹統合システム「SAP Business Suite powered by SAP HANA®」を全社導入することを決定し、2015年4月より本格的なシステム開発フェーズに移行したと発表しました。

NTT都市開発は、NTTグループの総合不動産会社として、「アーバンネット」シリーズをはじめとしたオフィスビルの開発・賃貸、及び「ウエリス」シリーズの分譲マンションの開発・販売を軸に事業展開してきましたが、さらなる成長を目指して「中期ビジョン2018」を策定し、「お客様・マーケット志向の徹底」、「イノベーションの追求」という基本戦略に基づき、様々な経営改革を進めています。その一環として、経営管理力の強化、バックオフィス業務の生産性向上等を目指して『全社BPRプロジェクト』を推進してきました。

今般、同社は上記プロジェクトの目標達成を支援するための賃貸管理、工事管理、分譲管理、管理会計用基幹システムとして、SAP Business Suite powered by SAP HANA ®を採用しました。同製品は、基幹業務系データと分析系データを一元管理できるため、瞬時に基幹業務データを分析して、リアルタイムでのデータ閲覧が実現できます。また、SAP Business Suiteの機能の一つであるSAP Real Estate Managementが、不動産管理に必要な機能を豊富に備えている点、グループ会社全体の事業活動に対応している点も評価されました。

NTT都市開発は、2016年4月の運用開始に向けたシステム開発を推進していきますが、システム導入による、稼働削減効果等を新たな事業の展開に結び付けていく予定です。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国291,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

Copyright © 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: ,