野村総合研究所が、SAPが提供する最新ERP製品「SAP® S/4HANA Enterprise Management」を日本で初めて導入支援

2015年11月12 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:嶋本正、以下「NRI」)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田譲、以下「SAPジャパン」)は、SAPジャパンが11月12日に発表した「SAP® S/4HANA Enterprise Management」を、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)に導入し、同社の業務システムを刷新します。同製品は「SAP® S/4HANA」の最新バージョンにあたり、またこれは、日本で初めての同製品の導入プロジェクトです。
NRIは本日より、同製品に対応した導入テンプレートの提供も開始します。

■ERPの全領域にわたる新製品の導入で、業務効率向上の範囲を大幅に拡大
NRIセキュアは、業務の効率化を目的に、これまで会計領域に限定されていた「SAP® S/4HANA」の導入を進めてきました*1。それに加え、SAP® S/4HANA Enterprise Managementを導入することにより、業務効率向上の範囲を会計領域から、販売や調達業務をはじめとしたERPの全領域へ拡大できます。

■NRIは、導入テンプレートとSAP製品の導入を支援するコンサルティングサービスを提供開始
NRIは、SAP® S/4HANA Enterprise Managementに対応した導入テンプレートの提供を開始します。
またNRIは、SAP製品の導入にあたって、プロジェクトが円滑に進むよう支援するコンサルティングサービスを合わせて提供します。SAP製品の導入効果を高めるために、上流工程の導入コンサルティングからシステムの実装に至る一貫したサービスによって、顧客の経営・ビジネスの価値を最大化する支援を行っていきます。

NRIは、2010年にインメモリ専用のデータベース「SAP HANA®」を、世界で最初に導入しました。また本年7月からは、販売前のSAP製品に関する評価プログラムであるSAP Co-Innovation ProgramとPre Validation Programに参画することを通じて、NRIはSAP® S/4HANA Enterprise Managementに関する開発経験を世界に先駆けて蓄積してきました。これらの実績をもとに、NRIとSAPジャパンはこれからも、経営やビジネスを変革する有力なツールである「SAP® S/4HANA Enterprise Management」を、いち早く多くの企業に提供していきます。

*1 SAPの次世代ERP「SAP® S/4HANA」をNRIセキュアテクノロジーズへ導入:
詳細は以下のURLのニュースリリースをご参照ください。
http://www.nri.com/jp/news/2015/150804_1.aspx

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

http://www.sap.com/japan/

Tags: , , ,