SAPジャパン、最新版のSAP® S/4HANAへの移行支援サービスを開始

2015年11月12 日 by SAP News 0

お客様の既存環境からSAP S/4HANAへの移行をエンド・ツー・エンドで支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、SAPの基幹業務システム「SAP® ERP」などの既存環境から「SAP® S/4HANA」の最新バージョンである「SAP® S/4HANA Enterprise Management」への移行を支援するサービスを本日より提供開始します。

SAP S/4HANAには、今年の2月の発表以来、デジタルビジネス実現のためのプラットフォームとして、多くの関心が寄せられています。一方で、ビジネス価値創出のための最適な移行手法、具体的な移行の進め方、移行後の定着化など、既存環境から新しいプラットフォームへの移行に際して、ユーザーやパートナーが直面する検討課題も数多く寄せられています。SAPジャパンは、このような課題解決を支援し、お客様のデジタル変革の加速化を支援するため、今回の移行支援サービスの提供を開始します。

本サービスでは、SAPがグローバルで開発した導入方法論に則り、企画・構想フェーズから実行フェーズ、運用・改善フェーズに至るまでエンドツーエンドの支援サービスを提供します。お客様は、自社の状況に合わせて、各フェーズのサービスを部分的に利用することも可能です。具体的には、下記の3つの移行支援サービスを提供します。

1)ストラテジー&プランニングサービス(企画・構想フェーズ/計画フェーズ向けサービス)
• SAP® S/4HANA概要の説明から始まり、ディスカッションを通し、お客様にとっての価値を整理・提言
• 課題・効果・難易度・ROI(投資対効果)などを分析し、具体的な移行ロードマップを策定するとともに、移行アプローチを提示
• 評価のためのプロトタイプ開発支援を行うとともに、必要に応じてSAP HANA® Enterprise Cloudによる検証環境も提供
• パフォーマンスやTCO(総所有コスト)削減などのIT期待効果を提示
• SAP HANA®の技術仕様を踏まえたアーキテクチャーの設計
• ツールを用いたアドオン影響分析と改修規模および削減案の提示
• プロジェクト詳細計画(WBS)の作成支援・レビューなどにより、プロジェクト計画を支援
• ツールを用いた移行計画策定の支援

2)実現化支援サービス(実行フェーズ向けサービス)
• 製品知識とグローバル体制を生かし、技術支援とスキルトランスファーを実行
• 解析ツールとノウハウを生かしたパフォーマンス最適化支援、リスク事前防止策の提示
• ツールを用いた最適な移行の実施

3)イノベーション支援サービス(運用・改善フェーズ向けサービス)
• 継続的なスキル拡張に向けたクラスルームトレーニングやeラーニングの提供
• SAP Fiori®を用いた新たなユーザーエクスペリエンスの適用、SAPのアナリティクスソリューションを用いた高度分析・予測分析の強化、SAP® S/4HANAの拡張に合わせた業務改善の支援
• アドバイザーの定期的な参画よる継続的改善の実施、運用の効率化支援

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

http://www.sap.com/japan/

Tags: ,