SAPジャパン、SAP HANA®プラットフォームの最新版 SPS11を発表

2015年12月10 日 by SAP News 0

デジタル変革を支援する統合アプリケーションプラットフォームSAP HANA

TokyoSAP ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、デジタル変革を推進する企業にとって、コアプラットフォームとなるSAP HANA®プラットフォームの最新版、SAP HANA SPS11(エスエーピー・ハナ・エスピーエス11)を本日より提供開始します。

SAP HANAは、コアビジネスアプリケーションを稼働させるだけでなく、競争を勝ち抜くインサイトを獲得するためのリアルタイムアプリケーションの構築プラットフォームとしても利用できます。SAP HANAプラットフォームは、インメモリデータベース機能のみならず、アプリケーションサービス、高度なデータ処理とデータ統合機能を単一の統合プラットフォーム上で提供し、複雑な企業ITのシンプル化を促進する業界で唯一のプラットフォームです。

ITのシンプル化によりビジネス継続性を支援
デジタル変革を推進する企業にとってのデジタルコアとなるSAP HANAプラットフォームは、ミッションクリティカルなアプリケーションやリアルタイム分析基盤として、エンタープライズレベルのデータセンター運用に対応します。

SAP HANA SPS11では、新しい高可用性機能と対障害性機能を提供します。新しいホットスタンバイ機能を利用することで、プライマリデータベースから継続ログリプレイによってデータが同期されているスタンバイデータベースへの切り替えを瞬時に行うことができます。また、データベースダウン時のログとパラメータの分析機能により、障害時点からの復旧を行うことで、データベース復旧時間を短縮化します。

SAPは、継続的にプラットフォームのオープン性にコミットし、お客様への選択肢を提供しています。SAP HANA SPS11では、IBM Power Systemへのサポートを拡大し、SAP® Business Suite for SAP HANA及び、SAP® Business Warehouse for SAP HANAスケールアウトシナリオ、本稼働環境での仮想化利用をサポートします。

多様なビジネスコンテキストのデータからのインサイトの獲得
SAP HANAは、基幹業務システムや情報系システムのみならず、構造化データ、非構造化データに対する高度なデータ処理機能を提供しています。

SAP HANA SPS11では、テキスト分析とセンチメント分析の機能を拡張しています。文節間のコンテキストにおける関係性を識別するなど、APIを経由してアプリケーションからオンデマンドでテキスト分析の呼び出しが行えるようになりました。これにより、非構造化データからのインサイトの獲得を可能にします。

地理空間情報機能では、地理空間情報データのパーティショニングとクラスタリングに対応しており、ロケーションインテリジェンスの獲得に寄与します。例えば、リバースジオコーディング機能により、ピンポイントの緯度経度情報から特定の住所情報を取得できるようになり、災害の影響分析やヘルスケアリスクの対応に活用が期待されます。

SAP HANAは、Open Geospatial Consortium(OCG)の認定を取得しており、サードパーティ製地理空間情報アプリケーションとのデータ交換を容易に行うことができます。SAPは、ビジネスアプリケーションにおけるロケーションインテリジェンスの活用に対するお客様からの強い期待に応えるため、SAP HANAプラットフォームとEsri ArcGISの地理空間情報機能を、SAPアプリケーションポートフォリオ全体にわたって、より一層統合していくことを発表しました。

モダンアプリケーション開発によるイノベーションの実現
SAP HANAのクエリエンジンは、ストリームデータ、系列データ、グラフデータといったあらゆるデータを処理することによって、未知のパターンやトレンドの発見を可能にします。

SAP HANA SPS11では、70を超える予測解析アルゴリズムを提供しており、ライブストリームや系列データ、地理空間情報データにも新たに対応しました。これらのアルゴリズムは、機械学習やプロセスの自動化に対応しています。また、SAP Manufacturing Integration and Intelligence(MII)およびSAP Plant Connectivity向けのアダプタを提供し、オペレーショナル効率の改善に貢献します。

加えて、SAP HANA SPS11のWebサーバーのアーキテクチャを一新し、データベースサービスとは独立したスケール化が可能となり、オンプレミス、クラウドを問わず、スケーラブルなアプリケーションの開発が可能になりました。JavaScriptはnode.jsに対応し、開発者により一層の柔軟性を提供します。また、オープンソースのコード管理ツールであるGit、GitHubおよびMavenに対応し、開発プロセスを効率化します。このマイクロサービスアーキテクチャの採用により、SAP HANAは迅速な開発プロセスをサポートし、個別にデプロイ可能なサービスによって、頻繁にアプリケーションの更新が可能になります。

新しいタイプのアプリケーションによって新しいインサイトの獲得が可能となる一方で、データマートやデータウェアハウス、データレイクに対する新しいデータ管理手法が求められています。SAP HANA SPS11では、SAP HANA Data Warehousing Foundation機能によって、メモリからディスク、Hadoop間で大規模データをルールベースで移行可能にしました。これにより、ビジネス要件に基づくコスト最適なデータストレージの最適化が可能になります。また、新たに提供するSAP HANA Voraコネクターによって、Hadoopにおけるデータ分析を劇的に効率化します。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

http://www.sap.com/japan/

Tags: