安川情報システム、社内基幹業務システムにSAP® S/4HANAとCTCのクラウド基盤を採用

2016年3月10 日 by SAP News 0

SAP インフラ構築・運用ノウハウを強化し、戦略的なSAPソリューション導入を拡大

Tokyo安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男 以下:安川情報システム)は、経営改革の一環で、自社の基幹システムとしてSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下:SAPジャパン)が提供する次世代ERPのSAP® S/4HANAを採用し、同システムへ移行するにあたり、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲、以下:CTC)が提供する基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」を採用します。2016年夏から構築を開始し、来年春からの利用を予定しています。

安川情報システムは安川電機の情報関連グループ会社として、設立以来約40年に渡り、安川電機およびグループ会社の基幹システムの構築・運用を担当しています。2011年から同社が進めるERPグローバル展開・グループ展開において、独自テンプレートの開発やコード体系の標準化などを実施しました。SAP® ERPを約2年間でアジア6拠点に展開し、現在までに国内外14拠点への展開を完了しています。また業務運用支援として、SAP® Solution Managerの導入も進めており、安川情報システムはこの基幹システム構築・運用のノウハウを活かし、主に製造業のお客様向けにSAP® ERP移行や関連システムとの連携等のサービスを提供していきます。今後は更なる運用支援に向けたSAP認定コンサルタントが常駐するグローバルサービスセンター(コールセンター)の開設も予定しています。
CTCが提供する基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」は、SAPソリューションを始めとする基幹系システムに特化したクラウドサービスです。パフォーマンスに対する性能保証、高セキュリティ、実使用料による従量課金が特長のパブリッククラウドで、20から50%のコスト削減が期待できます。
今回安川情報システムは、クラウド上にSAP® S/4HANAを構築することで、インフラへの投資コストを抑制し、アプリケーションへの戦略的投資に集中します。また、本取り組みについてノウハウを蓄積し、アプリケーション開発・運用と合わせてCUVICmc2を使用したSAPソリューションを展開していくことで、お客様の競争力強化につながるITシステムを提供していきます

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: , , , ,