カルビー、SAP HANA®対応ERPで基幹システムを再構築

2016年4月18 日 by SAP News 0

アドオンプログラムを98%削減し、経営判断のスピード向上と業務のシンプル化を実現

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 秀二、以下カルビー)が、経営体制の変革を機にSAP HANA®に完全対応した基幹業務システム「SAP® Business Suite powered by SAP HANA®」を導入し、基幹システムを再構築したことを発表します。

日本を代表する菓子メーカーのカルビーは、1949年の設立以来、「かっぱえびせん」や「ポテトチップス」など長年愛されるヒット商品を生み出し続けています。創立60周年の2009年、カルビーはさらなる発展のため、イノベーションとコスト・リダクションを経営の二本柱に据え、経営体制を一新しました。イノベーションにおいては、海外事業の拡大、新製品開発、国内シェア拡大、2009年に業務・資本提携した米国ペプシコ社との連携強化、L&A、新規事業開発の6つを柱とし、コスト・リダクションとの2本柱を通じて継続的成長と高収益体質の実現をめざしています。

カルビーが10年以上にわたり活用していたSAPの基幹システムは、自社仕様のカスタマイズや5,000にもおよぶアドオンプログラムが組み込まれ、非常に複雑化していました。新たな経営理念を実現するためには、業務のシンプル化や効率化を支えるIT基盤の見直しが必要と判断し、2013年秋ごろから基幹システムの刷新を検討開始しました。複数社の製品を検討した結果、SAP HANAの持つスピード、安定性、世界的に多くの実績を持つ点などを評価し、2014年9月にSAP Business Suite powered by SAP HANAの採用を決定しました。

システムの構築は、アドオンプログラムを徹底的に減らすという方針のもと進められ、最終的に98%のアドオンプログラムを削減することができました。また、従来は、業務に必要なさまざまなレポートの抽出にも時間を要していましたが、SAP HANAをベースにしたシステムにしたことで、大幅なスピードアップを実現し、経営判断のスピード向上や徹底的な業務のシンプル化につながっています。新システムは、2016年1月より本格稼働を開始しました。

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国282,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: , ,