SAPジャパンとビースタイルが「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」を発表

2016年7月14 日 by SAP News 0

出産・育児・介護などで離職したキャリア女性の再就職支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)と株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:増村 一郎、代表取締役社長CDO:三原 邦彦)は本日、家庭の事情などによる離職を経て、再就職を希望する専門スキルをお持ちの女性の復職を支援する活動を、「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」として、その活動の開始を発表しました。

今年4月施行の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)」は、女性が職業生活において希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。日本では、女性の非労働人口のうち303万人が就業を希望するなか、その72.6%が非正規従業を希望しています*。

そこで、「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」は、女性のニーズに応えるプロジェクトベースでの就業体制を整えました。本日から、出産、育児、介護などでキャリアを中断した、再就職希望の専門スキルを持つ女性を対象とする6ポジションの募集を開始します。プロジェクトの遂行を支援するサポート体制のもと、職場や勤務地について柔軟に対応します。ビースタイルが応募、採用、採用者サポートを行い、SAPジャパンでの就業を支援します。

SAP ジャパンの代表取締役社長の福田 譲は、次のように述べています。「ダイバーシティ&インクルージョンを推進するSAPジャパンは、女性のための柔軟な就業支援のノウハウを持つビースタイルとともに、スキルと経験をお持ちの女性の再就業を強力にサポートします。新たに加わる皆さんと仕事をともにできるのを楽しみにしています」

ビースタイルの代表取締役社長CDO、三原邦彦は、次のように述べています。「先進的なダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを展開するSAPとともに、女性の新たなキャリア構築を促進できることを嬉しく思います。今回の取り組みを通じて、ライフイベントの変化に向き合いながら、家庭とキャリアの両立に挑戦する女性をサポートします」

SAPジャパンは、多様なバックグラウンドをもつ人々にとって魅力的で、働き続けたいと思う職場を提供し、ダイバーシティ&インクルージョンによるイノベーションを推進します。

今回募集する6ポジションの概要は以下のとおりです。

●職務内容/採用部署

1. 海外からの新製品情報の収集・共有および営業支援キットの整備 (ソリューション統括本部)
2. 顧客・パートナー向けトレーニング教材の企画・開発・提供 (調達・購買ネットワーク事業本部)
3. 社外向けの効果的な製品情報共有ポータルサイトの企画・構築 (人事・人財ソリューション事業本部)
4. 社内向け情報共有の促進および従業員エンゲージメントを高めるイベントの企画・実行 (社長室)
5. 人事本部による社内向けコミュニケーション案の策定および発信 (人事本部)
6. メディア関連および社内のコミュニケーションの企画および実施 (広報部)

●職務期間:2016年9月から最長6カ月間
●応募資格:現在勤務されていない、離職前に最低2年ほどの専門分野の業務経験を持つ方

応募受付は、「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」の求人情報ページにて行っております。
・しゅふJOBスタッフィング:https://www.b-stylejob.jp/topics_detail8/id=254
・時短エグゼ::http://www.shufujobexec.jp/sap
※どちらか一方からのお申込みで応募完了となります。
※しゅふJOBスタッフィングにご登録の方、時短エグゼにご登録の方は登録されているサービスのサイトからお申込みください。どちらにも登録されていない方はいずれかのサービスに新規でご登録いただき、ご応募ください。

*出典:平成27年度 内閣府男女共同参画白書

以上

■SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国310,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: