SAP Ariba、バイヤー側の契約ライフサイクル管理分野で「リーダー」の評価を獲得

2016年8月15 日 by SAP News 0

(本リリースは、7月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

PALO ALTO, CalifSAP Aribaは、このたび独立系リサーチ会社のForrester Research社による最新レポート「フォレスターウェーブ:契約ライフサイクル管理、2016年第3四半期:最も影響力のあるCLMベンダー14社とその長所と短所」*においてバイヤー側の契約ライフサイクル管理(CLM)の分野で「リーダー」の評価を再度獲得したことを発表しました。

フォレスターウェーブでは、契約ライフサイクル管理ソリューションについて市場の現状を評価するために28項目の基準を使って14社のCLMソフトウェアベンダーを採点しました。SAP Aribaは、バイヤー側の契約ライフサイクル管理の評価項目の中で以下の項目について最高スコアを獲得しました。

• 既存およびサードパーティー契約のサポート
• サポートされる契約タイプ
• 戦略実行の財務基盤

また、市場における存在感(顧客ベースと収益)の評価項目についてもすべてのベンダーの中でトップの評価でした。

SAP Aribaの社長、アレックス・アッツベルガー(Alex Atzberger)は、次のように述べています。「契約はソーシングから支払までのプロセスにおいてとりわけ重要な要素です。SAP Aribaの機能がリーダーとして評価されたことは大変光栄です。今後も契約管理のコラボレーションとコンプライアンスで革新を続けていきます」

Ariba® Contract Management™は、あらゆる種類の契約の作成、実行、管理から紙と手作業による業務を削減するために設計されたエンドツーエンドの統合ソリューションです。お客様はAriba Contract Managementを使用して以下を実現できます。

• 調達契約、販売契約、IPライセンス、内部契約などの管理
• 契約のライフサイクル全体の自動化と加速化
• 契約プロセスの標準化と管理
• すべてのステークホルダーとのコラボレーション
• 業務上、契約上、規制上のコンプライアンス強化

*The Forrester Wave™: Contract Life-Cycle Management, Q3 2016: Forrester Research, Inc. July2016)

以上

SAP® Ariba®はデジタルビジネス向けのマーケットプレースで、何百万もの購入担当者とサプライヤーが調達から支払までのプロセス全体にわたって円滑にやり取りしています。市場をリードするSAP Aribaのソリューションにより、各企業はその取引パートナーとのコラボレーションを簡素化し、優れたビジネス意思決定を行い、オープンテクノロジープラットフォームを利用してコラボレーティブなビジネスプロセスを拡張することができます。SAP Aribaソリューションの利用企業は200万社を超え、コラボレーションによる取引高は年間1兆ドル近くに達します。 SAP Aribaのサービスやそのトランスフォーメーション促進効果について詳しくは、http://www.ariba.com

SAPについて

SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国320,000社以上の顧客企業に利用されています。

また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。