SAPジャパン、データウェアハウスを刷新するSAP® BW/4HANAの提供を開始

2016年10月5 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、リアルタイム・デジタル・エンタープライズを実現する次世代データウェアハウスアプリケーション、SAP® BW/4HANAを提供開始したことを発表しました。この新しいソリューションは、従来のオンプレミス環境に加え、Amazon Web Services(AWS)とSAP HANA® Enterprise Cloudサービスでも利用可能になります。各企業のニーズに合わせてデータウェアハウス環境を刷新し、デジタル化とクラウドへの移行を加速させることができます。


最新のSAP HANA®プラットフォームのイノベーションにより、データウェアハウスランドスケープの継続的な提供と、リアルタイムのデータ分析に新手法が確立


SAP BW/4HANAでは、企業内外の多様なITランドスケープ内に存在する履歴データやライブデータをインタラクティブに提供する論理データウェアハウスの新しい基盤として、さらにシンプルでパワフルなリアルタイム分析を実現します。オープンで拡張性に優れたITシステムのニーズに応えるため、SAP BW/4HANAではオープンデータウェアハウス環境を提供し、迅速なアプリケーション開発、最新のユーザーインターフェース、利用頻度に応じた高度なデータ管理を実現します。また、AWSおよびSAP HANA Enterprise Cloud対応のソリューションをサポートするほか、その他のサードパーティー製クラウドプラットフォームにも対応予定です。

ビジネスの俊敏性を向上
SAP BW/4HANAでは、最新のデータモデリング手法と、統一され合理化されたデータウェアハウスオブジェクトモデルを組み合わせて利用することで、目まぐるしく変化するビジネス要件にも先手を打って対応できます。さらに、シンプルなデータ管理機能によって、アジャイルデータウェアハウスの導入が可能になり、的確なビジネスインサイトをリアルタイムで獲得できるようになります。SAP S/4HANA®をはじめとするビジネスアプリケーションでは、事前定義済みのデータウェアハウスや、より標準的なSQLベースの環境を利用できるので、汎用性の高い高速なデータウェアハウスソリューションを構築でき、ビジネスの俊敏性が高まります。

Fairfax Media Pty. Ltd.(フェアファックス・メディア株式会社)の財務システム部長、ディエゴ・ロンバルディーニ(Diego Lombardini)氏は次のように述べています。「当社は早期導入プログラムに参加してAWSでSAP BW/4HANAを導入しました。事前の投資は最小限で済み、わずか3カ月でパワフルな新しい分析プラットフォームを導入できたため、導入プロジェクトに要した時間が50%短縮されました。当社のビジネスは常に変化し続けていますが、将来のビジネスにも対応できる極めて柔軟性の高い、拡張性に優れたクラウド環境を手に入れることができました」

SAP BW/4HANAには次のメリットがあります。
•SQLデータロジックとSAP S/4HANAから直接取得したアプリケーションデータを組み合わせ、SAP HANAビューを自動生成することでライブデジタルビジネスを実現する包括的なデータ管理プラットフォーム
•高度なインメモリー分析とアルゴリズムプッシュダウンによる高速パフォーマンス
•データフローモデリングを拡張するために完全に刷新されたユーザーインターフェースでアプリケーションを迅速に導入
•利用頻度に応じてデータを自動的に分散させることで、データ管理とストレージのコストを削減
•統合されたデータロード管理と完全なスケールアウト構成のサポートにより、効率的なデータウェアハウスの移行と実装が可能
•マイグレーションユーティリティ機能でSAP Business WarehouseアプリケーションからSAP BW/4HANAに簡単に移行可能

クラウドで汎用性が向上
あらゆる規模のお客様が、ニーズに合わせて手ごろな価格でデータウェアハウスシステムを実装できるように、SAP BW/4HANAはAWSとSAP HANA Enterprise Cloud向けのクラウド環境における導入が可能です。その他のクラウド導入オプションにも順次対応する予定です。さらに、SAP BW/4HANAは、優れたビジュアル、ストーリーテリング、データ探索向けのパワフルな環境を提供するSAP BusinessObjects™ Cloudソリューションとシームレスに接続できます。そのため、SAP BW/4HANAはSAP Digital Boardroomとの接続機能も標準で提供します。このように柔軟性の高い導入オプションが用意されているため、お客様のさまざまな弾力性、汎用性、コストパフォーマンスのニーズに対応可能です。

SAP BW/4HANAの提供開始に伴い、SAPはAWSのメモリー最適化X1インスタンス向けに新しい認定を行いました。この新しい認定は、最大7ノードで合計14 TBのメモリーのスケールアウト構成を対象としており、AWS上のSAP HANAにエンタープライズワークロードを短期間で導入したいお客様にとって最適なプラットフォームです。新しい認定とX1インスタンスの詳細については、AWSのWebサイトAWSブログをご覧ください。

AWSのコンピュートサービス担当副社長であるピーター・デ・サンティス(Peter DeSantis)氏は次のように述べています。「SAP BW/4HANAとAWSによって、お客様はAWSクラウドの弾力性、柔軟性、信頼性と、SAPの最新のデータウェアハウスを利用してリアルタイム分析を実現し、ビジネスに生かすことができます。AWSのX1インスタンスは現在提供されているSAP認定クラウドインスタンスの中で最もメモリー量が大きいため(2016年8月31日弊社本社発表時点)、オンプレミスインフラストラクチャーに投資することなくSAP HANAで重要なワークロードの検証、導入、運用、最適化を大規模かつ迅速に行いたいお客様に最適です」

次世代データウェアハウスを定義
SAP BW/4HANAは、SAP HANA Vora®エンジンによるデータレイクや企業内外のレガシーシステムなど、あらゆる場所にあるデータを分析してデータの移動と重複を大幅に削減するというSAPの次世代データウェアハウスのビジョンを実現するものです。また、SAP HANAのイベントストリーム処理オプションのスマートデータストリーミングによってIoT(Internet of Things)環境から収集したライブストリーミングおよび時系列センサーデータを統合します。

こうした高度なアプローチにより、かつてない柔軟性とリアルタイムのパフォーマンスを実現するとともに、多様な分散データソースによるデータサイロの問題を解消します。ホットデータ、ウォームデータ、コールドデータという使用頻度に応じたデータ管理と圧縮機能が追加されたことで、お客様はストレージコストを非常に低く抑えながら、すべてのデータを生かしてすばやく成果を達成できるようになります。

SAPのプロダクト&イノベーション担当エグゼクティブ・ボードメンバーであるベルント・ローカート(Bernd Leukert)は、次のように述べています。「ビジネスをデジタル化するには最新のアプローチが必要です。つまり、データ管理、データ処理、分析ではあらゆるデータソースとデータタイプをリアルタイムで扱える能力が必要です。先進のクラウド・インフラストラクチャー・プロバイダーであるAWSとの提携と、SAP BW/4HANAにより、お客様は次世代データウェアハウスプラットフォームを手軽に利用できるようになります。これでライブデジタルビジネスを目指すお客様の歩みがさらに加速するでしょう」

お客様向けインフォセッションを開催
SAPジャパンでは、SAP BW/4HANAの提供開始に際し、お客様向けにインフォセッションを開催します。SAP BW/4HANAの概要と移行方法についてご紹介します。あわせて、SAP BW/4HANAのローンチパートナーであるアマゾンウェブサービス株式会社から、SAP BW/4HANA の認定稼働環境であるAWS クラウドの活用方法についてもご紹介させていただきます。

対象:
・SAP BW 導入企業におけるSAP システム責任者様ならびに開発運用担当者様
・報道機関関係者様(東京会場)

東京
日時:11 月1 日(火)10:00~12:00 (受付9:45~)
場所:SAP ジャパン 本社(東京都千代田区麹町1-6-4 SAP ジャパンビル)
お申込みURL:http://eventregist.com/e/bw4hana_tokyo
東京会場では報道機関関係者様もご参加いただけます

名古屋
日時:11 月17 日(木) 13:00~15:00 (受付12:45~)
場所:SAP ジャパン 名古屋支社(愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル)
お申込みURL:http://eventregist.com/e/bw4hana_nagoya

大阪
日時:11 月18 日(金) 13 : 00~15:00(受付12:45~)
場所:SAP ジャパン 西日本支社(大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル)
お申込みURL::http://eventregist.com/e/bw4hana_osaka

以上

■SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国310,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: