富士通とSAP、製造業向けにつながるものづくりを実現するソリューションを提供開始

2016年11月24 日 by SAP News 0

TOKYO — ~Industrie 4.0に向け、グローバル市場への展開を視野に協業~

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下、SAPジャパン)は、製造現場向けソリューションのビジネス領域でグローバル市場への展開も視野に協業することで合意しました。

今回の協業により、従来のERPにおける製造・販売・調達管理に加え、製造パフォーマンス管理が可能なSAPの拡張サプライチェーンソリューションと、富士通の様々な業種・業務に特化したものづくりに関するノウハウを活用したインテグレーションを組み合わせ、両社で日本国内に提供していきます。

SAPの拡張サプライチェーンソリューションは、製造領域に対して2つの製品を提供します。
「SAP® Manufacturing Execution」は、製造現場におけるプロセス全体の管理やリアルタイムな分析、レポートを実行することが可能です。 また、現場の生産オペレーションごとの製造実績や品質情報・トレーサビリティ情報を管理し、市場品質の確保と現場改善に向けた基盤を構築できます。
「SAP® Manufacturing Integration & Intelligence」は、製造実行システム(MES: Manufacturing Execution System)と、生産ラインのデータ収集を行うシステムや、PLC(注1)、DCS(注2)、SCADA(注3)、検査装置など多種多様な現場機器、およびERPなどの基幹システムとの接続とデータ取集を可能とし、同時に製造現場における様々なデータを分析し可視化することで、最適な意思決定を支援します。

製造現場におけるオペレーションの複雑化により、部門ごとにシステムが分断され、業務データ同士の連携やリアルタイムな情報共有が難しいといった課題がありますが、これらのソリューションを導入することで、各部門に分断された業務データを、販売から調達、生産、製造までサプライチェーン領域全体をとおしてつなぎ合わせ、製造現場で発生する様々な事象を可視化でき、解決することが可能となります。

両社は、Industrie 4.0に向け、これらをつながるものづくりソリューションとして、今後は日本国内だけでなく、アジアや他の地域へグローバルに展開することを検討していきます。

【協業概要】
1.両社のテクノロジー連携により生産性の向上を支援
SAPの「SAP Manufacturing Execution」および「SAP Manufacturing Integration & Intelligence」と富士通の様々な業種・業務に特化したものづくりノウハウの提供により、企業のデジタル・インダストリアル・イノベーションをさらに加速させ、ビジネスの成長に貢献していきます。

2.日本における戦略的なパートナーシップ
日本国内のビジネスにおける戦略的なパートナーシップのもと、富士通は、SAPからソリューションに関する技術トレーニングや販売や導入時のサポートを受け、両社で積極的なソリューションの拡販活動を行います。

3.グローバルでの共同展開
富士通は、SAPの拡張サプライチェーンソリューションを米国ですでに提供開始しており、今回の日本での提供開始も踏まえ、今後アジアやその他の地域への共同展開を検討していきます。

【 関連Webサイト 】
・製造ソリューション概要:
https://go.sap.com/japan/solution/lob/manufacturing.html
・SAP Manufacturing Execution:
http://go.sap.com/japan/product/enterprise-management/execution-mes.html
・SAP Manufacturing Integration & Intelligence:
http://go.sap.com/japan/product/enterprise-management/manufacturing-intelligence-integration.html

以上

【注釈】
(注1)PLC(Programmable Logic Controller):リレー回路の代替装置として開発された制御装置。
(注2)DCS(Distributed Control System):大規模なプロセス制御対象に対し、複数のコントローラで協調・統合した制御装置
(注3)SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition):コンピュータによりシステム監視とプロセス制御を行う産業制御システム。

■SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国335,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

Copyright © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Tags: , ,